タッチ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

タッチ (Splash)は、デッキに、少しだけ他のの強力なカードを入れること。

特定のタイプのパーマネントに対応するために行われることもある。(例:黒タッチ帰化/NaturalizeNext Level Blueなどのタッチタルモゴイフ/Tarmogoyfなど)

少しだけ入れる都合上、そのマナを供給する手段(土地など)はメインのに比べて少ないので、ダブルシンボルやそれ以上のマナを要求するカードはタッチとしては使われることが少ない。

その色の呪文が7枚以下(リミテッドなら4枚)が目安で、8枚以上はスロットを圧迫していることからあまり呼ばれない。

  • 英語での表現を借り、スプラッシュ(splash/散らす)と呼ばれることもある。

また、タッチブラウズディガーカウンターポストや、タッチカウンターポストのトンゴネイションといったように他のデッキの戦略を取り入れる時に使われる場合もある。→ハイブリッドデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif