ネクロの夏

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ネクロの夏(Necro Summer)とは、ネクロディスクが上位を占めた1996年世界選手権の通称である。黒い夏(Black Summer)とも。


Necropotence / ネクロポーテンス (黒)(黒)(黒)
エンチャント

あなたのドロー・ステップを飛ばす。
あなたがカードを捨てるたび、あなたの墓地にあるそのカードを追放する。
1点のライフを支払う:あなたのライブラリーの一番上のカードを裏向きのまま追放する。あなたの次の終了ステップの開始時に、そのカードをあなたの手札に加える。


1996年世界選手権。選手権前のプロツアーの結果から、青白コントロールアーニーゲドン、そしてネクロポーテンス/Necropotenceをエンジンに据えたネクロなどがメタの中心とされていた。

大会が始まるとネクロ(特にネビニラルの円盤/Nevinyrral's Diskを加えたネクロディスクと呼ばれるもの)の凶悪さが次第に姿を見せ始めた。調整されたネクロディスクは短い間に大成長を遂げ、他のデッキを圧倒したのである。上位はネクロディスク勢が大半を占め、大会は一色に染まった。

しかし、オーストラリアの英雄、Tom Chanphengはこの事態を事前に予測し、ネクロポーテンスやネビニラルの円盤を確実に破壊できる解呪/Disenchantプロテクション(黒)を搭載したクリーチャーを中心にした白ウィニー12Knights」を組み参戦したのである。彼の読みは見事に的中し、決勝まで勝ち進んだ。

決勝戦・当時最強プレイヤーと名高いMark Justiceが操るネクロディスクのプロテクション()クリーチャー達に押されライフ補充のため自らの土地Zuran Orbに捧げるという劣勢の中、Tom Chanphengはデッキ中にたった1枚しか無い天秤/Balance(制限カード)を引き歴史的な大逆転を起こし、この世界選手権で優勝を飾った。

ちなみに彼は臨機応変/Sleight of Mindによるプロテクション色替えギミックを仕込んでいたのだが、デッキ登録の際に唯一の青マナ源のアダーカー荒原/Adarkar Wastes平地/Plainsと書き間違えて提出してしまったため使用出来なかったというエピソードがある。

[編集] 参考

QR Code.gif