ラヴニカへの回帰

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica
シンボル 法冠
略号 RTR
コードネーム hook
発売日 2012年10月5日
セット枚数 全274種類

ラヴニカへの回帰/Return to Ravnicaは、ラヴニカへの回帰ブロックの1番目の大型エキスパンション。キャッチコピーは「ギルドを選べ/Choose Your Guild」。

目次

[編集] 概要

ラヴニカ・ブロックの続編であり、ギルドパクト/Guildpact崩壊後のラヴニカ/Ravnicaを舞台とする。

ラヴニカ・ブロック同様、多色(2色)をテーマとしており、このセットでは「白青アゾリウス)」、「青赤イゼット)」、「黒赤ラクドス)」、「黒緑ゴルガリ)」、「緑白セレズニア)」の5つの組み合わせを取り上げている。

混成カードギルド魔道士サイクルギルド指導者サイクルショックランド再録など多くの点でラヴニカ・ブロックを踏襲している。5つのギルドから成るサイクルも数多く収録されている。

ギルド/Guild固有のメカニズムは一新され、新キーワード処理として留置居住、新キーワード能力として超過解鎖活用が登場している。また、新たな土地タイプとしてが登場した。

[編集] 登場ギルド

ギルド名 固有メカニズム
アゾリウス評議会/The Azorius Senate 白青 留置
イゼット団/The Izzet 青赤 超過
ラクドス教団/The Cult of Rakdos 黒赤 解鎖
ゴルガリ団/The Golgari 黒緑 活用
セレズニア議事会/The Selesnya Conclave 緑白 居住

[編集] プレリリース

2012年9月29日、30日に行われる。各ギルドのギルド・プレリリース・セットを選ぶことができる。詳細はラヴニカへの回帰ブロック#プレリリース・トーナメントを参照のこと。

[編集] 構築済みデッキ

[編集] エントリーセット

それぞれに対応ギルドのギルドギルド魔道士魔鍵が収録されている。先述の通り、日本語版は発売されていない。

[編集] イベントデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] デザイン

デザイン・チーム Ken Nagle (lead)
Zac Hill
Alexis Janson
Mark Rosewater
Ken Troop
デベロップ・チーム Erik Lauer (lead)
Zac Hill
David Humpherys
Tom LaPille
Adam Lee
Billy Moreno
Shawn Main

[編集] 関連リンク

[編集] 参考

QR Code.gif