悪魔の布告/Diabolic Edict

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Diabolic Edict / 悪魔の布告 (1)(黒)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、クリーチャーを1体生け贄に捧げる。


の優秀クリーチャー除去呪文プレイヤー1人にクリーチャー1体の生け贄を強要する。

クリーチャーを対象に取らないため、被覆プロテクション持ちクリーチャーを除去することができる。効果が「生け贄に捧げる」なので、再生破壊不能によって無効化されることもない。また、インスタントなので、対戦相手ターン中にのみクリーチャー化するミシュラランドキマイラ像/Chimeric Idolなども墓地送りにできる。

弱点は生け贄に捧げるクリーチャーを対象となったプレイヤーが選ぶこと。そのプレイヤーが複数体のクリーチャーをコントロールしていると、重要性の低いクリーチャーが選ばれ、除去したいクリーチャーが残ってしまう。

レガシーにおいて採用されることが増えている。師範の占い独楽/Sensei's Divining Top禁止カード指定後に採用デッキが増加し、通常の方法では除去することができない真の名の宿敵/True-Name Nemesisを除去できる点を買われてサイドボード、ときにはメインデッキから採用されている。ただし真の名の宿敵を採用するデッキは秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets若き紅蓮術士/Young Pyromancer死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanなども採用されていることが多いので稲妻/Lightning Bolt致命的な一押し/Fatal Pushなどで先に除去しておきたい。

コモンなのでPauperでも使用可能。一般的にはフラッシュバックによって再利用可能なチェイナーの布告/Chainer's Edictなどのほうが優先されるものの、「シングルシンボルである」「インスタントである」「特にデメリットがない」などの理由からこちらを採用するデッキも多い。 特に全体除去が少ない環境柄、対応が難しい呪禁オーラぬめるボーグル/Slippery Bogleなどを、呪禁オーラ側の対策カードである若き狼/Young Wolf結束のカルトーシュ/Cartouche of Solidarityなどに対応して除去できる点は優秀である。

グレヴェン・イル=ヴェクは、ヴァティの体を持ち上げた。「さあ、落ちる間にお前の失敗について考える時間があるだろうよ」

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

関連性が特に高い3枚を挙げる。その他は布告を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif