デッキ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デッキ/Deckは、プレイヤーゲームを始めるにあたって用意するカードの集合のこと。

[編集] 解説

ゲームが始まったとき、それぞれのプレイヤーのデッキはそれぞれのプレイヤーのライブラリーになる。また、各プレイヤーはゲーム開始時に自分のデッキに含まれている各カードのオーナーである。

デッキを作るにあたり、フォーマットごとに最低枚数が定められている。

  • 構築においては、デッキは最低60枚であり、かつ英語名が同名の基本土地でないカードは、1つのデッキに5枚以上入っていてはいけない(このルールを俗に「4枚制限ルール」と呼ぶ)。
  • リミテッドシールド戦やドラフト戦)においては、デッキは最低40枚である。構築とは違い、同名のカードがデッキに5枚以上入っていてもよい。
  • 最初期のマジックでは構築でも最低枚数は40枚であり、また同じカードは何枚入れる事も可能だった。(疫病ネズミ/Plague Ratsのようにそのルールを前提に作られたカードも存在する)。当初、開発スタッフは大金をはたいてカードを揃えるプレイヤーが現れるとは想定していなかった。そのためこのルールで大会を開いた結果、壊れたバランスのデッキが跳梁跋扈する環境になってしまったという。かくして構築ルールでは以降デッキの最低枚数を増やし、新たに4枚制限ルールを設けたという。(参考/翻訳

トーナメントにおいて、ゲームとゲームの間にデッキを調整するための追加のカードをサイドボードと呼ぶ。4枚制限ルールはデッキとサイドボードをあわせた状態で適用される。また、トーナメントでは(第1ゲームにおいて用いる)デッキのことを明確化のため「メインデッキ」と呼ぶことが多い。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif