攻撃

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

戦闘フェイズ攻撃クリーチャーとして指定されたクリーチャーは、攻撃/Attackする。俗に、攻撃クリーチャーを指定すること自体を攻撃と呼ぶこともある。

基本的には攻撃クリーチャー指定ステップの開始時に攻撃クリーチャーとして指定されたクリーチャーが攻撃するが、何らかの効果によって攻撃している状態で戦場に出る場合もある。(例:秀でた隊長/Preeminent Captain

ブロック・クリーチャー指定ステップブロック・クリーチャーを1体以上指定された攻撃クリーチャーは「ブロックされた攻撃クリーチャー」に、1体も指定されなかった攻撃クリーチャーは「ブロックされなかった攻撃クリーチャー」になる。「攻撃してブロックされなかった」ときに誘発する誘発型能力は、ブロックされなかった攻撃クリーチャーになったときに誘発する。

  • ブロック・クリーチャー指定ステップまではブロックされなかった攻撃クリーチャーは存在しないため、忍術はブロック・クリーチャー指定ステップ以降でなければ起動できない。

クリーチャーが攻撃することで誘発する誘発型能力は、攻撃クリーチャー指定ステップの開始時に攻撃クリーチャーとして指定されたときに誘発する。攻撃している状態で戦場に出たクリーチャーは、攻撃しているが、攻撃したものとしては扱わない。

  • 例:秀でた隊長は、攻撃したときに手札から兵士クリーチャー・カード1枚を攻撃している状態で戦場に出す誘発型能力を持つ。これによって手札から他の秀でた隊長を戦場に出したとしても、その秀でた隊長の誘発型能力は誘発しない。

攻撃クリーチャー指定ステップにおいて、クリーチャー1体だけが攻撃クリーチャーとして指定された場合、そのクリーチャーが「単独で攻撃する」と言う。該当ページも参照。

[編集] 俗称

この攻撃することを英語から「アタック」と呼んだり、「殴る/パンチ/Punch」と呼んだりする。「5点パンチ」など。

  • 海外では「Beat」と呼ぶ場合もあるようだが、日本国内においては稀。
  • 意味合いは違ってくるが、トリスケリオン/Triskelionなどの能力を「ロケットパンチ」と呼ぶ。

[編集] 参考

QR Code.gif