マナ加速

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マナ加速(Mana Boost/Mana Accel)は、出せるマナを増やすこと。またはその能力を持つカードマナ・ブーストと呼ばれることも。


Llanowar Elves / ラノワールのエルフ (緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) ドルイド(Druid)

(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。

1/1


Dark Ritual / 暗黒の儀式 (黒)
インスタント

あなたのマナ・プールに(黒)(黒)(黒)を加える。


マナ基盤展開することで、1ターンに使用できるマナの量を通常よりも増やす「恒久的なマナ加速」をするカードはに多い。以下に代表的な例を挙げる。

  1. マナを生み出すことのできるクリーチャーマナ・クリーチャー)やアーティファクトマナ・アーティファクト)を出す。
  2. 土地を(プレイ以外の方法で)直接戦場に出す
  3. 土地をプレイできる数を増やす。
  4. 土地から出るマナの量を増やすエンチャントを出す。

一方で、呪文唱えたり、パーマネント生け贄に捧げたり手札捨てたり、追放したりして一時的にマナを増やす、1ターン限りの使い切りのマナ加速をするものも存在する。これらの「一時的なマナ加速」は、昔は、最近はに多い。極僅かににも存在するが単純にマナ・プールにマナ追加するようなスキルではない。ではほぼ不可能、強いて言えば相手より土地の枚数が少ない場合は平均化の形で土地展開を加速させることはごく一部のカードで可能。最も相手に並ぶだけでマナ加速とは言いがたい。

他には、コストを減らすカード(コスト減少カード)を擬似的なマナ加速と呼ぶことがある。霊気の薬瓶/AEther Vialといったカードでマナを消費せずパーマネントを展開したり、バウンスフリースペルを使い複数マナを出せる土地カードからマナを2回引き出すといったことも擬似的なマナ加速とされる。1枚のカードに大量のマナを費やせない場合も多いが軽いカードを多く展開してテンポをとることができる。

  • 強力なマナ加速カードは、様々なコンボデッキで猛威を振るい、次々に制限カード禁止カードに指定されている。
  • 初心者にありがちなプレイングとして、マナ加速で増えるマナを除いた分の目的の呪文を唱えるのに必要なマナを土地から出す→マナ加速呪文を唱える→目的の呪文を唱える、というものがあるが、これだとマナ加速呪文が打ち消された場合、マナが余って無駄になってしまう可能性がある。マナ加速呪文を唱えた後に足りない分のマナを出せばこのような事態は回避できる。また、マナ加速が呪文ではなくマナ能力ならこのような心配はない。
    • かつてマナ・バーンがあった頃は、余ったマナでマナ・バーンを受ける危険性もあった。大抵の場合はマナ加速後の呪文を打ち消してくるのであまり気にされないが、ライフが低いとマナ・バーンの方が致命傷になる場合もある。

[編集] 参考

QR Code.gif