液鋼の塗膜/Liquimetal Coating

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Liquimetal Coating / 液鋼の塗膜 (2)
アーティファクト

(T):パーマネント1つを対象とする。それはターン終了時までそれの他のタイプに加えてアーティファクトになる。


パーマネントアーティファクト化するアーティファクト

自身とアーティファクト化したパーマネントで2つのアーティファクトをコントロールすることになるため、金属術のサポートとして有効。特に不退転の大天使/Indomitable Archangelとの組み合わせは、液鋼の塗膜や不退転の大天使自体も守ることができて強力。また、対戦相手のパーマネントを対象とすれば、アーティファクト除去を万能パーマネント除去として使える(圧壊/Crushがわずか1マナの土地破壊に、でもエンチャントが割れるなど)。

リミテッドでは金属術との組み合わせが考えられるが、それだけなら他のアーティファクトを入れたいところ。上記の不退転の大天使、アーティファクト除去、プロテクション (アーティファクト)鍛えられた鋼/Tempered Steelなどのアーティファクト・クリーチャーサポートなど相性の良いカードが大量確保できれば強力。

機械の行進/March of the Machinesと共に使えば土地破壊エンジンにもなり得る。その後灯争大戦にて類似能力を持った大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creatorが登場すると、モダンレガシーではそちらとのコンボが生まれた。これで相手の土地をアーティファクト化すれば、ターン終了時までカーンの常在型能力マナが出せなくなり、さらにカーンのプラス能力を重ねれば0/0となり死亡するため、都合タダで毎ターン相手の土地を1つ破壊できるようになる(≒相手は呪文等を使わないと土地を伸ばせなくなる)。また、その他の起動型能力を持つパーマネントを妨害することも可能。マイコシンスの格子/Mycosynth Latticeの方が強力なロックになるが、マナ・コストの軽さは魅力的である。後にモダンでマイコシンスの格子は禁止カードとなったが、こちらのギミックは現役である。

[編集] 参考

QR Code.gif