演劇の舞台/Thespian's Stage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Thespian's Stage / 演劇の舞台
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(2),(T):土地1つを対象とする。演劇の舞台はそれのコピーとなり、この能力を得る。


起動型能力によって他の土地コピーになれる土地。

ヴェズーヴァ/Vesuvaと比較したときの利点は、単体で無色マナを生み出すアンタップインの土地として機能すること、状況に応じてコピーする土地を臨機応変に変えられること、後から戦場に出る土地をコピーできること。一方で欠点は、コピーするたびにマナが必要なことと、そのたびにタップされてしまうこと。コピーする土地が持つ戦場に出ることに対する置換効果CIP能力が機能しないことは、利点にも欠点にもなり得る(後述)。

通常のデッキでは多色土地の枚数を増やすだけで十分であり、コピーが必要な場合も多くの場合はヴェズーヴァの方が優秀。このカードは特性を活かし、暗黒の深部/Dark Depthsとのコンボ(後述)を用いるデッキに投入したい。

[編集] 戦場に出ることに関連する能力

[編集] ルール

  • 能力のルールに関してはクローン/Cloneコピー可能な値のページも参照。
  • コピーする起動型能力を得るのは種類別の第1種のコピー効果に含まれるコピー可能な値である。種類別の第6種ではない。
  • コピーする効果には期限はない。ターンが終了してもコピー効果は継続する。
  • コピーした際には、コピーする起動型能力は引き続き持つが、無色マナを生み出す能力はなくなる。
  • サブタイプ特殊タイプカード名などもコピーする。
  • コピーした土地が戦場に出るに際して行った選択はコピーされない。
    • 例えば魂の洞窟をコピーした場合、クリーチャー・タイプは何も選択していないことになる。
  • コピーした土地の上に置かれているカウンターの数はコピーされない。また他の土地をコピーしても、この上に置かれていたカウンターは取り除かれない。

[編集] 参考

QR Code.gif