リソース

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

リソース(Resource)とは、直訳すれば「資源」であり、あなた対戦相手の双方に等しく与えられており任意に使用したり振り分けたりできるもの全てを指す。

具体的には、ライフライブラリー、自分がコントロールする戦場パーマネントなど。他にも、交互に行われるターンや、ターン中のアクションの権利(原則1回のドロー土地プレイする権利など)といったものも含む。墓地のカードもしばしばリソースとなる。言い換えれば、ゲーム中でアクションを起こすために必要なもの全般ということ。

これらリソースはある程度相互に交換することができる。たとえば、ネクロポーテンス/Necropotenceは毎ターンのドローの機会とライフを引き替えに手札を増やすことができる。

それぞれのプレイヤーは、自分のリソースと相手のリソースを効率よく交換しあうことで先に相手の敗北条件を満たそうと競う。これがマジックゲームである。この交換の途中で、ライフ、手札などが相手よりも有利になることをアドバンテージ(を得る)という。

  • プレイヤーは、今現在持っている以上のリソースをコスト支払いに充てることはできない。ただし、0点のマナや0点のライフはいつでも支払うことができる。
  • このリソースの交換において、自分のリソースをも大きく失うようなカード(ハルマゲドン/Armageddonスーサイドカードなど)は初心者に好かれない傾向にある。しかし、それらのカードを使っても機能する、もしくはそれをキーとするようなデッキを組めるようになる、または失うリソースから大きなアドバンテージを得られることを見出すことができれば、初心者脱出の大きな一歩となるだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif