歩行バリスタ/Walking Ballista

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Walking Ballista / 歩行バリスタ (X)(X)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

歩行バリスタは、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
(4):歩行バリスタの上に+1/+1カウンターを1個置く。
歩行バリスタの上から+1/+1カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。歩行バリスタはそれに1点のダメージを与える。

0/0

トリスケリオン/Triskelion搭載歩行機械/Hangarback Walkerが合体したようなアーティファクト・クリーチャー

インスタント・タイミングプレイヤーにも飛ばせる火力を持ち、+1/+1カウンター増加能力起動コストは取り回しが辛い重さだがタップが必要ないため攻撃しながら増やすことができる。巻きつき蛇/Winding Constrictor新緑の機械巨人/Verdurous Gearhulkなどでカウンターを水増しすることで対戦相手クリーチャーを掃討できる。

自殺が容易なのも特徴で、コントロール奪取などに耐性があるほか、戦闘ダメージを受ける前に自殺して絆魂によるライフゲインを防いだり、無許可の分解/Unlicensed Disintegrationグレムリン解放/Release the Gremlinsなどの追加効果付き除去立ち消えさせたりできる。紛争大天使アヴァシン/Archangel Avacynホネツツキ/Bone Pickerの能力の条件を能動的に達成できる点も優秀。

  • カウンター増加能力は単なる自己強化としてはマナ効率が悪いが、マナ以外にタップなどのコストを要求せず対象にも制限のない火力を飛ばす能力として見ると、のクリーチャーの起動型能力などと比べてもマナ効率はさほど悪くはない。
  • 往年の搭載歩行機械よろしく、X=4で唱えウギンの聖域/Sanctum of Uginの能力を誘発させることもできる。

[編集] 利用

[編集] 戦乱のゼンディカー・ブロック+イニストラードを覆う影ブロック+カラデシュ・ブロック期

登場時のスタンダードでは様々なデッキで採用されている。+1/+1カウンターのシナジーを中心とする黒緑巻きつき蛇では主力を担うほか、マルドゥ機体もこれを採用したマルドゥ・バリスタと称されるタイプが主流になった。特にTier1のサヒーリコンボへの抑止力となる点が評価されており、サヒーリコンボ自身にミラーマッチ対策として採用されることもある。

[編集] モダン

モダンではエルドラージ・トロンを大幅に強化した1枚。無色のカードとしては貴重な盤面干渉手段であり、マナ効率の悪さもウルザランドで補える。バジリスクの首輪/Basilisk Collar装備して戦場を一掃する接死ティムコンボも可能。

また療治の侍臣/Vizier of Remedies献身のドルイド/Devoted Druidによる無限コンボを搭載したデッキにおいて、無限マナ無限ダメージに変換する疑似X火力として使われることもある。一度無限コンボが成立すれば、1枚挿しでも薄暮見の徴募兵/Duskwatch Recruiterにより確実に手札に加えられる。

[編集] レガシー

レガシーでは食物連鎖において、クリーチャー呪文限定の無限マナを無限ダメージに変換するために使われる。以前までフィニッシャーを務めていた潮吹きの暴君/Tidespout Tyrantなどと比べ、コンボが成立していなくても単体で使いやすいのが強み。

[編集] ヴィンテージ

ヴィンテージでもMishra's Workshopを使った茶単デッキで活躍する。(→ワークショップ

[編集] 参考

QR Code.gif