夜の犠牲/Victim of Night

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Victim of Night / 夜の犠牲 (黒)(黒)
インスタント

吸血鬼(Vampire)でも狼男(Werewolf)でもゾンビ(Zombie)でもないクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


イニストラード/Innistradの怪物(吸血鬼狼男ゾンビ)以外なら何でも除去できるクリーチャー除去呪文肉体の奪取/Rend Flesh眼腐りの終焉/Eyeblight's Endingに続く、クリーチャー・タイプに制限のある除去である。

破滅の刃/Doom Bladeやその亜種と同様、2マナインスタントで使える単体除去と基本性能は高い。この手のカードには珍しくダブルシンボルなので、タッチパーミッションなどでは使いにくくなる点には注意。

登場時のスタンダード環境では破滅の刃、喉首狙い/Go for the Throatを初めとしてライバルは多く、どれが優先されるかはまさにメタゲーム次第といったところ。

ラヴニカへの回帰解禁後のスタンダードではローテーションにより上記2種が使えなくなったため、汎用性の高い軽量インスタント除去として注目を集めている。他には究極の価格/Ultimate Priceがライバルとして挙がるが、シングルシンボルの扱いやすさか、ロクソドンの強打者/Loxodon Smiterなどの強力な多色クリーチャーを破壊できる点を優先するかを秤にかけることになる。そのほかにも、ダブルシンボル3マナだが範囲が広い殺害/Murder布告系除去の飢えへの貢ぎ物/Tribute to Hunger肉貪り/Devour Fleshなどの選択肢も存在する。

モダンではスタンダードと比較して除去できない生物との遭遇率が相対的に低く、それなりに信頼性のある単体除去として採用機会がある。ただし、を含むデッキではより範囲が広く再生も許さない終止/Terminateが優先されることが多い。

パウパーでもモダンとほぼ同様だが、クリーチャー戦が主になりやすい環境であるため相対的により評価が高い。終止と競合する点も同様だが、多色化がしづらい環境であることから終止よりも見かける機会が多い。ただし、黒系デッキのフィニッシャーとして広く使われるグルマグのアンコウ/Gurmag Anglerを除去できないことには注意。

[編集] 参考

QR Code.gif