サーチ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

サーチ(Search)とは、

  1. ルール上の「探す」という行動の英語。
  2. 1から転じて、特定のカードライブラリーから探し、別の領域に移動する効果の俗称。フェッチとも。
  3. 店頭に並べられているパック群から、特定の、もしくは単に稀少度の高いカードを探してそれらを含むパックのみを買い求めようとする行為。


目次

[編集] 解説

[編集] ゲーム用語としての「サーチ」(用例 1,2)


Diabolic Tutor / 魔性の教示者 (2)(黒)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーからカード1枚を探し、それをあなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。



Evolving Wilds / 進化する未開地
土地

(T),進化する未開地を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、それをタップ状態で戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。


カード・タイプを問わないサーチはに多く、ドローライブラリー操作に長けるにも存在する。それ以外のサーチは探せるカード・タイプがの得意分野によって限定されることが多い。はサーチカード自体が少ない。

手札に加えたり戦場に出すものが一般的だが、ライブラリーの一番上に置く効果(→教示者)や、黒に多い墓地に置く効果(→納墓/Entomb生き埋め/Buried Aliveなど)も、サーチと呼ぶ場合がある。その他、ゲームの外部からカードを持ってくることのできる願いや、黒に多い「ライブラリーから指定されたカードが出るまでめくって~」も、厳密に言えばサーチとは違うが、目的が似ているためサーチ扱いされる。

特定のカードの枚数を水増しする目的でも使われる。特に制限カードの多いフォーマットでは実質制限カードをデッキに2枚以上入れられて1枚制限の意味がなくなってしまう。そのため軽いものはとにかく効果が強力になりやすく、それ自身も禁止や制限されやすい。プリズマティックでは、フォーマットの特性上大部分が禁止である。

[編集] 俗語としての「サーチ」(用例 3)

カード購入時に特定の、もしくは稀少度の高いカードの含まれるパックを探す行為をサーチと呼ぶ。

マジックや、同社から発売されるほかのトレーディングカードゲーム(WotCが取り扱っていた時代のポケモンカード、怪獣道(日本名Duel Masters)など)においては、パックに触れて行う方法、配列をもとに探し当てる方法のどちらも不可能である。(ただし、黎明期のパックでは、カードを透かしてサーチすることができたし、現在でもプレミアム・カードを見つけるだけならば方法はなくはない。)

店頭ではサーチ対策で客にパックを選ばせない販売方法が主流となっている。

[編集] 参考

QR Code.gif