ペインランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ペインランド(Pain Land)とは、無色マナを出すほか、1点ダメージを受ける事で、2のうち好きな色のマナを出せる土地の俗称。「痛い土地/苦痛を伴う土地」くらいの意味。日本ではダメージ・ランド(略してダメラン)とも。


Adarkar Wastes / アダーカー荒原
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。アダーカー荒原はあなたに1点のダメージを与える。


目次

[編集] 解説

再録期間の長さや使用実績などから、2色地形の中でも知名度の高い、代表格サイクルのひとつと言える。真鍮の都/City of Brassのような、(厳密には異なるが)同じくライフリソースにするタイプの5色地形に比べると、出せる色マナの幅が狭まった代わりに、ノーダメージで無色マナを出せるといった調整が施されているのが特徴。

ノーリスクで確実にアンタップインできるのが最大の長所であり、速攻性が重視されるウィニーアグロでは優先されることが多かった。逆にコントロールのような低速型デッキでは使うたびに受けるダメージが響くため、敬遠される傾向にある。

アイスエイジ友好色のサイクルが登場し、第5版から第7版まで再録された。対抗色のサイクルはアポカリプスにて収録。第9版第10版ではこれら10枚がまとめて再録され、話題となった。基本セット2015マジック・オリジンでは対抗色の5枚のみが再録。収録間隔が大きかったのと、後述する2色地形としての相対的な価値の低下もあって賛否を呼んだが、これはスタンダードにおいてゲートウォッチの誓いで実装される無色マナへの布石だった事が後に明かされた。(参考

かつてはトップクラスの使用実績を誇ったが、2色地形の向上著しい現在では対抗馬も多い。フェッチランドとの相性によりシナジーの生産や多色化の安定性に貢献するショックランドを筆頭に、早期設置でアンタップインかつダメージも受けないファストランド、アンタップイン条件が非常に緩いM10ランドタップインだがクリーチャーとして種々のメリットを備えるデュアルミシュラランドといった有力地形の台頭により、モダン以下のフォーマットでの採用率は、(カラーリングにもよるが)それらに比べて水を開けられている事が多い。

ゲートウォッチの誓い発売以降は、主として多色型のエルドラージおよび無色マナをコストに含むカードを入れたデッキでの採用が増えている。多くの場合色マナしか生み出せない多色地形の中で、これは2色+無色マナを必要とするデッキにとって事実上「アンタップインの『 3色地形 』」として働く新たな強みを獲得した恰好。メタゲームにおいても一定の勢力を保持するアーキタイプという事もあり、以前よりも評価が向上している。

[編集] ペインランド一覧

[編集] アイスエイジ(友好色)

[編集] アポカリプス(対抗色)

[編集] テンペスト(対抗色、タップイン)

[編集] 参考

QR Code.gif