外科的摘出/Surgical Extraction

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Surgical Extraction / 外科的摘出 (黒/Φ)
インスタント

((黒/Φ)は(黒)でも2点のライフでも支払うことができる。)
いずれかの墓地にある基本土地カードでないカード1枚を対象として選ぶ。それのオーナーの墓地と手札とライブラリーから、そのカードと同じ名前を持つカードを望む枚数だけ探し、それらを追放する。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


黒マナファイレクシア・マナとなり、刹那を失った根絶/Extirpate

墓地対策カードの中では特に、インスタント・タイミングマナなしで(どのデッキでも)使えることが強み。奇襲性があるのと同時に、フルタップ時や先攻1ターン目などにも隙を晒さずに済む安定感も兼ね備える。

同名カードの追放に期待し、コンボキーカードコントロールフィニッシャーを封じる用途にも使えるが、そのためには最初の1枚が墓地になければならないため、記憶殺し/Memoricideなどに比べて若干扱いづらいか。だが対戦相手が使うのを待たずとも、手札破壊ライブラリー破壊などの無理やり墓地に置かせる手段と併用すればさほど問題にはなりにくく、特に思考囲い/Thoughtseizeなどの1マナ手札破壊との相性は抜群である。

ただし墓地対策カード全般の欠点だが、基本的にカード・アドバンテージには直結しにくい。特に同名カード根絶を主眼にする場合、往々にして2枚以上のコンボで実質1枚との交換になりやすい。それで機能停止するデッキ相手ならばよいが、そうでなければそのぶんのアドバンテージ差で負けかねないので注意したい。

スタンダードエクステンデッドでは、直前のゼンディカー・ブロック復讐蔦/Vengevine恐血鬼/Bloodghast、直後のイニストラード・ブロックの各種カードなど、これで対策したい強力な墓地利用カードが多かったためしばしば見かけられた。またモダンエターナルでも上記の利点が一定の評価を受けており、多種多様な墓地対策カードの中でも有力な選択肢のひとつとなっている。

  • 根絶/Extirpateと違い”望む枚数”を追放するため、正確には微妙に効果が異なる。対戦相手墓地をこちらが利用できる場合、あえて対象にしたカードはそのまま墓地に残しておき、かつそのカードトップデッキは防ぐ、といったプレイングも可能。
  • 墓地のカードを対象に取る点に注意。「対応して狙ったカードを追放されて、外科的摘出が立ち消えてしまう」というケースはままある。
    • 上記の応用として、対戦相手の外科的摘出への対策として、対応して自分も外科的摘出を使い、対象になった1枚だけを追放することを選ぶ、というプレイングも考えられる。

[編集] 参考

QR Code.gif