次元の門/Planar Portal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Planar Portal / 次元の門 (6)
アーティファクト

(6),(T):あなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの手札に加え、その後ライブラリーを切り直す。


ジェイムデー秘本/Jayemdae Tomeの強化版。毎ターン魔性の教示者/Diabolic Tutorを使えるが、マナ・コスト起動コストも6マナ重い

オデッセイ・ブロック当時の黒コントロール陰謀団の貴重品室/Cabal Coffersからのマナでこれを使うこともあった。またエクステンデッドティンカーが、大量のマナに物を言わせキーカードサーチに使用することもあった。逆に言うとそれだけのマナが出せないと辛いということでもある。

[編集] ストーリー

次元の門/Planar Portalは、ファイレクシア/Phyrexiaドミナリア/Dominariaへの侵略時に使用した機械製の大型人工ポータル/Portal

ドミナリア中の各地に世界同時多発的に多数展開し、侵略の前線基地であったラース/Rathメルカディア/Mercadiaで建造された大量の戦艦や飛翔艦、そしてそれらに搭載、乗員した大量の侵略・殺戮兵器とファイレクシアの大軍勢などを次々と送り込んだ。イラストはそうして送り込まれてくる飛翔艇の様子を描いたもの。

イラストをよく見ると、門の上部中央にはヨーグモス/Yawgmothのシンボルである「苦痛の仮面」(アポカリプスエキスパンション・シンボル)が描かれていることがわかる。

テフェリー/Teferiウルザ/Urzaの二人が協力して門を閉じ、次々とやってくるファイレクシア軍の増援を断ち切ろうとする様子が、インベイジョン撹乱/Disruptイラストで描かれている。

[編集] 参考

QR Code.gif