デッキリスト

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デッキリスト/Deck Listとは、デッキに入っているカード名とその枚数を記した一覧表(リスト)。

トーナメントにおいては、ルール適用度が「競技」(旧RELは3)以上なら、デッキ登録は必須である。ルール適用度が「一般」であっても、主催者の判断によりプレイヤーにデッキリストを提出させることができる。

多くの場合、土地とそれ以外の呪文およびサイドボードに分けて記入する。カード名は(日本国内のトーナメントにおいては)日本語あるいは英語で正確に書かなければならない。ただし、マジック違反処置指針の規定により、ストーリー上のキャラクター(伝説のパーマネントプレインズウォーカー)については、そのフォーマットにそのキャラクターが1種類しか存在しない場合、その名前から始まる他のカードがあったとしても、その名前だけを書いても良い。

  • デッキリストを書き間違えた場合、リストを修正するとともに、「ゲームの敗北」の懲罰が与えられる。ただし書き間違えたとしてもどのカードか容易に判別出来る場合は懲罰までは行かない時もある、とはいえ疑われるのには変わりないので、適正に素早く書く事が重要である。
  • 「デッキレシピ」、または単に「レシピ」と称されることがある。現在では一般的には「レシピ」は主に「調理法」という意味で料理用語として使われることが多いが、本来は医学用語で「処方箋」という意味である。
  • デッキリスト提出用紙は事前入手が可能なため、某プロのように当日朝までデッキを作らない人は別として、デッキ決定段階で余裕を持って記入するべき。時間に追われれば追われるほどミスは多くなりがち。
    • リミテッドの大会ではチェック式のデッキリストが使われる。84枚をその場で記入するためにミスしがちなので、入念に確かめたい。

[編集] 参考

QR Code.gif