アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Arguel's Blood Fast / アルゲールの断血 (1)(黒)
伝説のエンチャント

(1)(黒),2点のライフを支払う:カードを1枚引く。
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライフが5点以下である場合、あなたはアルゲールの断血を変身させてもよい。

Temple of Aclazotz / アクロゾズの神殿
伝説の土地

(《アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast》から変身する。)
(T):(黒)を加える。
(T),クリーチャー1体を生け贄に捧げる:あなたは生け贄に捧げたクリーチャーのタフネスに等しい点数のライフを得る。


伝説の土地変身する伝説の両面エンチャントサイクル。変身条件は、窮地を彷彿とさせる僅少ライフの参照。

第1面は黒の得意なライフ要求型のドローエンジンで、強欲/Greedマナ・コストが半分、起動コストは倍になった恰好。ライフというゲーム進行につれて支払いにくくなっていくリソースの特性上、余裕ある序盤の内に展開できるようになった恩恵は大きく、コントロールなどの攻め気が少ない相手にはかなりのアドバンテージが見込める。打ち消しを構えにくい序盤に設置できるのも、コントロールにとっては厄介な点。起動コストの増加についても1マナ軽くターンごとに1枚程度の手札を稼いでいくのであれば影響の少ない点が有難い。アドバンテージの補填目的で張ってから即座に起動する場合、差し引きで1マナ軽くなっているのも地味に見逃せない。

第2面は、黒マナが出せるDiamond Valley。変身に一手間掛かるだけあって本家より優れ、第1面で磨り減ったライフを安全圏へ振り戻せる。ただし、以後はハンド・アドバンテージが得られなくなる上、相当追い込まれてからでないと使えないため、過信は禁物。あくまで保険のひとつとして捉えておくのが無難。

サイクルの面々が変身を積極的に目指していくデザインである中、これは第1面に運用の比重が置かれた変わり種である。変身前と変身後で異なるカード名を利用して補完し合うこともできるが、支払いのリミットや伝説性を持つ都合上、これを中核に据えた大量採用がしにくい類のカードでもあるため、あくまで「可能である」と言った程度。ライフゲイン手段は他に用意しておいて、ドローで引き込んでしまうのも手。

コントロールには劇的に刺さる反面、アグロに対しては自爆になりかねないため、主にサイドボードに採用される。参入時のスタンダードでは黒絡みのコントロールにおいて、しばしば1枚挿しされる。ライフの潤沢な白黒トークンでは2~3枚が搭載されることも。遅れてメタゲームに食い込んだ青黒ミッドレンジでは、スカラベの神/The Scarab Godとのシナジーによりメインデッキからの採用も見られる。ドミナリア参入後も引き続き青黒コントロールに採用される他、赤黒ミッドレンジでも採用される。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサラン伝説の両面カードサイクル。いずれもレア

第1面伝説のエンチャントで、その能力に関連した条件を満たすことで変身する。

第2面伝説の土地で、対応するマナを生み出すマナ能力ともう一つの起動型能力を持つ。

[編集] 脚注

  1. こちらマジック広報室!!:11月24日(金)はブラックフライデー!? 『イクサラン』の宝箱キャンペーン開始!(2017年11月10日)

[編集] 参考

QR Code.gif