アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Arguel's Blood Fast / アルゲールの断血 (1)(黒)
伝説のエンチャント

(1)(黒),2点のライフを支払う:カードを1枚引く。
あなたのアップキープの開始時に、あなたのライフが5点以下である場合、あなたはアルゲールの断血を変身させてもよい。

Temple of Aclazotz / アクロゾズの神殿
伝説の土地

(《アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast》から変身する。)
(T):あなたのマナ・プールに(黒)を加える。
(T),クリーチャー1体を生け贄に捧げる:あなたは生け贄に捧げたクリーチャーのタフネスに等しい点数のライフを得る。


強欲/Greedに似たドロー能力を持った伝説のエンチャントライフ5以下で自分アップキープを迎えることで、クリーチャーを対価にライフゲイン出来る伝説の土地変身する。

ライフロスは痛いが、2マナにつき1枚ドローという効率は悪くない。対コントロールなど序盤からライフを攻めてこない相手であればかなりのアドバンテージが見込める。

変身後はDiamond Valley嘆きの井戸、未練/Miren, the Moaning Wellなどのリメイクといった趣だが、それらと比較してもマナが出る点や起動コストが自身のタップのみなど強化されている。

他の同サイクルカードが変身を積極的に目指していくデザインなのに対し、これは第1面をメインで使い、第2面で減ったライフを補填するというのが基本的な流れになる。条件を満たしても変身は任意なので、ライフゲイン手段は他に用意して、第1面のまま使い続けるのもよいだろう。

  • このサイクルのカード全てに言えることだが伝説のパーマネントではあるものの、変身前と変身後ではカード名が異なるので、1枚目が変身した後は2枚目も変身前の状態でなら運用することが可能。特にこのカードは表と裏でお互いの弱点を補いあうので相性がよい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサラン伝説の両面カードサイクル。いずれもレア

第1面伝説のエンチャントで、その能力に関連した条件を満たすことで変身する。

第2面伝説の土地で、対応するマナを生み出すマナ能力ともう一つの起動型能力を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif