無駄省き/Waste Not

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Waste Not / 無駄省き (1)(黒)
エンチャント

対戦相手1人がクリーチャー・カードを1枚捨てるたび、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
対戦相手1人が土地カードを1枚捨てるたび、あなたのマナ・プールに(黒)(黒)を加える。
対戦相手1人がクリーチャーでも土地でもないカードを1枚捨てるたび、カードを1枚引く。


対戦相手カード捨てるたび、そのカード・タイプに応じたボーナスを得られるエンチャント。第4回「カードを作るのは君だ!」で作られたもの。

2マナを生む能力はやや状況に左右されやすいが、2/2トークンと1ドローはどちらも堅実なアドバンテージであり、繰り返し誘発させられれば強力。手札破壊カードを大量に積んだメガハンデス系のデッキで使用するか、リリアナ・ヴェス/Liliana Vessなどの継続的な手札破壊カード、囁く狂気/Whispering Madnessなどの強制手札交換カードと併用するとよいだろう。

ロッテスのトロール/Lotleth Trollゴーア族の暴行者/Ghor-Clan Rampagerのような、自分の手札を捨てるカードとは友情コンボになる。ただし群れネズミ/Pack Ratなどで土地を捨てられた場合は、インスタント・タイミングでマナを使う手段がなければ無駄になりやすいので注意。

  • 同じ基本セット2015の外部デザイナー・カードと同様に、文章欄には「デザイン:マジック・コミュニティ/Designed by the Magic community」というデザイナーのクレジットがある(日本語版/英語版)。

[編集] ルール

  • 同時に複数枚のカードが捨てられた場合、そのそれぞれについて対応する能力が誘発する。
  • 土地でもクリーチャーでもあるカード(ドライアドの東屋/Dryad Arbor)が捨てられた場合、1番目の能力と2番目の能力の両方が誘発する。

[編集] 参考

QR Code.gif