無駄省き/Waste Not

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Waste Not / 無駄省き (1)(黒)
エンチャント

対戦相手1人がクリーチャー・カードを1枚捨てるたび、黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
対戦相手1人が土地カードを1枚捨てるたび、(黒)(黒)を加える。
対戦相手1人がクリーチャーでも土地でもないカードを1枚捨てるたび、カードを1枚引く。


対戦相手カード捨てるたび、そのカード・タイプに応じたボーナスを得られるエンチャント。第4回「カードを作るのは君だ!」で作られたもの。

2/2トークンと1ドローはどちらも堅実なアドバンテージであり、2マナマナ加速もタイミング次第では無駄になりかねないもののやはり強力な効果。手札破壊が持つ「カード・アドバンテージをほぼ確実に取ることができる一方、戦場の状況には触れない」「対戦相手の妨害にはなるが、こちらの展開を進める役目にはならない」という性質上やむを得ない欠点を、様々な面から補ってくれる。少々極端だが、「強迫/Duressキャントリップのおまけがつく」「トーラックへの賛歌/Hymn to Tourach暗黒の儀式/Dark Ritualのおまけがつく」というと上手く機能したときの凶悪さがわかるだろう。

これ自体には手札破壊の能力はなく、他の手札破壊手段と併用することが前提のカードになっているため、単体だと置物として腐るのはネックではあるが、2マナと軽い割に得られるリターンが大きく2回ほど誘発すればすぐに元が取れるため、必ずしもメガハンデスのように特化したデッキでなくともそれなりに仕事をしてくれる。

こちらからの手札破壊だけでなく、対戦相手が何らかのコストとして手札を捨てる(共鳴者サイクリングなど)ことへの牽制にもなる。ただし、例えば直接的にライフを脅かせるリリアナの愛撫/Liliana's Caressなどと違い、「しょせんトークンや手札」と無視される可能性も否めない。特に対戦相手のターン中に土地を捨てられた場合は、インスタント・タイミングでマナを使う手段がなければ無駄になりやすい。まして、MoMa死せる生のようなコンボデッキともなるとなんの妨害にもならない。この用途に関してはあくまでそういう側面もあるという程度だろう。

環境に存在する手札破壊呪文の強さに比例して有用度が上がるカードと言え、ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil思考囲い/Thoughtseizeトーラックへの賛歌/Hymn to Tourach精神錯乱/Mind Twistと言った強烈な手札破壊手段が使えるモダンレガシーヴィンテージでしばしば活躍している。

[編集] ルール

  • 同時に複数枚のカードが捨てられた場合、そのそれぞれについて対応する能力が誘発する。
  • 土地でもクリーチャーでもあるカード(ドライアドの東屋/Dryad Arbor)が捨てられた場合、1番目の能力と2番目の能力の両方が誘発する。

[編集] 参考

QR Code.gif