疫病を仕組むもの/Plague Engineer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Plague Engineer / 疫病を仕組むもの (2)(黒)
クリーチャー — キャリアー(Carrier)

接死
疫病を仕組むものが戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプ1つを選ぶ。
対戦相手がコントロールしていてその選ばれたタイプであるクリーチャーは-1/-1の修整を受ける。

2/2

対戦相手だけに影響する仕組まれた疫病/Engineered Plagueを内蔵した、ウルザズ・レガシー以来の新規のキャリアー

仕組まれた疫病と比較すると、クリーチャーなので除去されやすくなったが、自身が2/2接死の戦力になる点が重要。また、自軍クリーチャーには影響しないのでビートダウンデッキでも気兼ねなく使える。

モダンでは、人間スピリットなどの部族ウィニーはもちろん、感染ドルイド・コンボにも刺さる優秀なメタカードジャンドを始めとしてを含む様々なデッキサイドボードに採用されている。

レガシーでも使われることがある。環境柄Death & Taxesなどを筆頭に低タフネスのクリーチャーがモダン以上に多く、特に真の名の宿敵/True-Name Nemesisを対処できる点が大きい。

  • カード名のengineerは「技師」と訳されることが多いが、このカードでは仕組まれた疫病を踏まえて「仕組むもの」と訳されている。

[編集] 参考

QR Code.gif