ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Phyrexian Negator / ファイレクシアの抹殺者 (2)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror)

トランプル
ファイレクシアの抹殺者にダメージが与えられるたび、その点数と同じ数のパーマネントを生け贄に捧げる。

5/5

スーサイドクリーチャーの代名詞で、非常に人気のあるカード

暗黒の儀式/Dark Ritualから1ターン目に5/5トランプル戦場に出るのは脅威。ダメージ与える要素に乏しいコンボデッキコントロールデッキに対しては、それだけでゲームが決まりかねないほどの威力を持つ。しかしその唯一の欠点であるダメージには極端に弱く、小さなブロッカーでも止まらざるを得ない。特にが相手だと返しのターンでショック/Shockを撃たれて投了というパターンすらある。まさに、環境が問われるクリーチャーである。

当時のスタンダードでは赤はあまり使われておらず、デッキの傾向もコンボやコントロールが主流だったため、軽いダメージソースとして人気があり、当時のスーサイドブラックや、生け贄の豊富なマーセナリーで使用された。中には手札破壊除去でサポートし、これをフィニッシャーに据えるデッキすらあった(→ブリッツ)。

他の環境でのメインデッキ採用は難しいだろう。

スタンダード落ち後はエターナルエクステンデッドの、ビートダウン寄りのコントロールデッキなどで、サイドボードに採用される例が散見された。さらに時代が下り、未来予知以降はクリーチャーの質の向上に付いていけなくなり、トーナメントシーンから姿を消した。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif