バーン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

バーン(Burn)とは、の直接ダメージ呪文火力)を主体に構成されたデッキクリーチャーをいっさい投入しないノンクリーチャー・タイプも珍しくない。

目次

[編集] 概要


Lightning Bolt / 稲妻 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻はそれに3点のダメージを与える。



Fireball / 火の玉 (X)(赤)
ソーサリー

好きな数のプレイヤーかクリーチャー(それらの組み合わせでもよい)を対象とする。火の玉はそれらに、Xを端数を切り捨てて均等に割った点数に等しい点数のダメージを与える。
火の玉を唱えるためのコストは、2つ目以降の対象1つにつき(1)多くなる。


赤のダメージ呪文を最速で効率よく対戦相手に叩き込み、ライフ20点を削りきるという戦術のデッキ。そのため赤の防御円/Circle of Protection: Redなどの軽減やライフ回復に非常に弱いが、一度突っ走ると圧倒的な攻撃力を発揮する魅力的なデッキである。2枚から10点ダメージが飛び出したり、1ターン目からライフをそこそこ削ることができたりする。

火力を中心とするため、クリーチャーなどと違い対応策が少ないことが最大の利点である。クリーチャーはブロック攻撃制限除去など対応策が豊富であるが、火力は軽減、打ち消し手札破壊土地破壊などによる唱えることの阻害以外では対応がしにくい。なお、この火力の対応策はクリーチャーにも使えるため、それだけ火力の“通りやすさ”がわかると思われる。

また、召喚酔いがないことや、同コストのクリーチャーのパワーよりダメージが大きいことによるスピードも大きな利点である。そのため、クリーチャーでもボール・ライトニング/Ball Lightningのような、いわゆる歩く火力は使われる場合もある。

ただし、一点突破主義的なデッキのためにいろいろな対策カード1枚であっさり完封されてしまうなどといった欠点も併せ持つ。また序盤を凌がれると息切れしやすいため、何らかのアドバンテージ源を搭載することもしばしば。

様々な欠点を持つが、メタられなければそれなりに強い。メタられればそれまで。黎明期より存在しており、白ウィニーなどと同じく愛好者は多い。

  • ある程度バーン要素が強めのビートダウンデッキであってもバーンの一種とみなされる場合もある。区別のために、歩く火力以外のクリーチャーを使用しない特化したバーンデッキをフルバーンと呼ぶ場合もある。

[編集] デッキ構築

ショック/Shockなどに代表される優良な火力呪文は、コモンアンコモンに設定されていることが多く、初心者プレイヤーでも手を出しやすいデッキであり、それなりに強い。ミラージュ~テンペスト期のバーンの隆盛を考慮してか一時期火力の性能は著しく落ちたが、近年は再び質が向上しつつある。

ただし、デッキ構築プレイングは相当難しい。ただ「土地と火力でデッキを組んで全部対戦相手に撃ち込めばよい」というものではない。そんなことをしていたら、よほど優秀な火力がないかぎり、相手のライフを削り切る前にクリーチャー殴り殺されてしまう。かといって火力で正直にクリーチャーを1体1体除去していたら、対戦相手に撃つ分が足りなくなって息切れしてしまう。無視すべきか焼き落とすか、その判断を常に計算しなければならない。

1ターンにどれだけ大きなダメージを与えられるか、ということを数ターンを見越して考える力が必要になる。

[編集] 火力

1・2マナの扱いやすいカードが主力だが、効率的なダメージを念頭に置くなら、火炎破/Fireblast音波の炸裂/Sonic Burstのように使いどころが難しいが強力なカードを使う必要が出てくる。柔軟なプレイを考えるならば、インスタントソーサリーの比率も考えなくてはならない。

呪われた巻物/Cursed Scrollなどの恒久火力も息切れを防いでくれる重要なカードである。

[編集] クリーチャー

いかに火力が優秀であるとしても、クリーチャーのダメージ効率の優秀さを捨て置くことはできない。

火力とクリーチャーのコンビネーションによる攻撃を突き詰めるとスライに分類されるデッキに近くなるが、バーン戦略でも採用されるクリーチャーという物は存在する。1つはボール・ライトニングに代表される歩く火力。次にモグの狂信者/Mogg Fanaticなどの火力内蔵クリーチャーである。前者は同じマナ域の呪文としてダメージ効率が高いことが多く、ソーサリーによる干渉が無い。後者は除去の損失を最低限に抑えつつ本体への直接ダメージ能力もあり、火力とクリーチャーの長所を併せ持つ。

特にアドバンテージを重視しつつ敵を焼ききるタイプのデッキでは、後者に加えてミシュラランドを投入することがある。

また、黎明期ではオーグ/Orggなどのデメリット持ちファッティも採用されている。

[編集] 補助

効率良くカードを使っていくために、火力以外の補助カード(等時の王笏/Isochron Scepter吠えたける鉱山/Howling Mineなど)も入れる必要がある。それらの補助カードが手札に来なければ無意味なので、相応の枚数は必要だが、入れすぎると肝心の火力が減ってしまって本末転倒になるというもどかしさがある。

手札と土地、自分のライフのみリソースとする(パーマネント展開しない)ことから、息切れを防ぐためにカードドローも重要。赤単色では怒鳴りつけ/Browbeat生体融合帽/Grafted Skullcapが一般的だが、他のを混ぜて嘘か真か/Fact or Fiction夜の囁き/Night's Whisper闇の腹心/Dark Confidantなどを採用するケースも見られる。

また、火力だけではクリーチャーへの対応が厳しい場合は、他のパーマネント除去などを採用する場合もある。

[編集] マナカーブ

マナカーブも非常に重視される。基本的に1~3マナ圏のカードのみにしたいが、スタンダード程度のカード・プールではそうは言ってられず、決め手となるカードを入れなければならない。その決め手となるカードのマナ・コストにも悩まされる。扱いの非常に難しいデッキである。

[編集] スタンダード

下記の時期のスタンダードにおいても、活躍を見せる。

[編集] ブロック構築

下記の時期のブロック構築においても、活躍を見せる。

[編集] エクステンデッド(デュアルランド期)

初期のエクステンデッドでは、ネクロPoxに対抗しやすいフルバーンデッキが存在した。


Scent of Cinder / 燃えがらの匂い (1)(赤)
ソーサリー

あなたの手札にある赤のカードを望む枚数だけ公開する。クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。燃えがらの匂いはそれにX点のダメージを与える。Xは、これにより公開されたカードの数に等しい。


特に、燃えがらの匂い/Scent of Cinderまで投入したタイプは匂いバーンと呼ばれる。

[編集] モダン

モダンでも、稲妻/Lightning Bolt溶岩の撃ち込み/Lava Spike裂け目の稲妻/Rift Boltの1マナ3点火力3種を軸にしたデッキが存在している。


Rift Bolt / 裂け目の稲妻 (2)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。裂け目の稲妻はそれに3点のダメージを与える。
待機1 ― (赤)(このカードをあなたの手札から唱えるのではなく、(赤)を支払うとともにそれを時間(time)カウンターが1個置かれた状態で追放する。あなたのアップキープの開始時に、時間カウンターを1個取り除く。最後の1個を取り除いたとき、それをそのマナ・コストを支払うことなく唱える。)



Skullcrack / 頭蓋割り (1)(赤)
インスタント

このターン、プレイヤーはライフを得られない。このターン、ダメージは軽減できない。プレイヤー1人を対象とする。頭蓋割りはそのプレイヤーに3点のダメージを与える。


フルバーンの構成は少なく、苛立たしい小悪魔/Vexing Devilゴブリンの先達/Goblin Guideなどのクリーチャーも採用する場合が多い。

基本的には他の環境と同様に赤単色の構成を取るが、タッチして夜の衝突/Bump in the Night死儀礼のシャーマン/Deathrite Shamanをタッチしてボロスの魔除け/Boros Charm稲妻のらせん/Lightning Helixをタッチして破壊的な享楽/Destructive Revelryアタルカの命令/Atarka's Commandなどが加えられる場合もある。

ニクスへの旅参入後は大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revelの採用により大きく強化されトップメタの一角に定着、グランプリ神戸14では優勝者含めトップ8に2名を送り込んだ(→*1)。

その後神聖の力線/Leyline of Sanctityなどバーン対策を取られることが多くなったため、破壊的な享楽/Destructive Revelryをサイドに採用した赤緑白のタイプが主流となっている。

[編集] 4色

Modern burn [1]
土地 (20)
4 乾燥台地/Arid Mesa
4 黒割れの崖/Blackcleave Cliffs
2 血の墓所/Blood Crypt
1 湿地の干潟/Marsh Flats
2 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn
2 冠雪の山/Snow-Covered Mountain
1 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
クリーチャー (13)
3 死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
2 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
4 苛立たしい小悪魔/Vexing Devil
呪文 (27)
4 ボロスの魔除け/Boros Charm
4 夜の衝突/Bump in the Night
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 稲妻/Lightning Bolt
1 火柱/Pillar of Flame
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
1 欠片の飛来/Shard Volley
3 頭蓋割り/Skullcrack
サイドボード (15)
1 火炎崩れ/Flamebreak
1 墓掘りの檻/Grafdigger's Cage
2 隠匿+探求/Hide+Seek
3 ラクドスの魔除け/Rakdos Charm
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
1 頭蓋割り/Skullcrack
1 呪文滑り/Spellskite
1 倦怠の宝珠/Torpor Orb
2 火山の流弾/Volcanic Fallout
1 摩耗+損耗/Wear+Tear


[編集] 赤単

Mono Red GP Brisbane 2013 [2]
土地 (19)
4 乾燥台地/Arid Mesa
1 ケルドの巨石/Keldon Megaliths
11 山/Mountain
3 沸騰する小湖/Scalding Tarn
クリーチャー (8)
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 ケルドの匪賊/Keldon Marauders
呪文 (33)
4 血の手の炎/Flames of the Blood Hand
4 稲妻/Lightning Bolt
4 マグマの噴流/Magma Jet
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
2 欠片の飛来/Shard Volley
4 頭蓋割り/Skullcrack
3 火山の流弾/Volcanic Fallout
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
サイドボード (15)
2 ボール・ライトニング/Ball Lightning
4 ゲリラ戦術/Guerrilla Tactics
4 溶鉄の雨/Molten Rain
4 粉々/Smash to Smithereens
1 火山の流弾/Volcanic Fallout


[編集] 赤白

Rw Burn [3]
土地 (20)
8 山/Mountain
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
4 乾燥台地/Arid Mesa
4 戦場の鍛冶場/Battlefield Forge
クリーチャー (15)
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 苛立たしい小悪魔/Vexing Devil
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
3 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
呪文 (25)
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 稲妻/Lightning Bolt
4 頭蓋割り/Skullcrack
3 ボロスの魔除け/Boros Charm
3 灼熱の血/Searing Blood
3 欠片の飛来/Shard Volley
サイドボード (15)
4 溶鉄の雨/Molten Rain
4 石のような静寂/Stony Silence
1 粉砕の嵐/Shatterstorm
2 摩耗+損耗/Wear+Tear
4 神聖の力線/Leyline of Sanctity


[編集] 赤緑白

Naya Burn(Modern) [4]
土地 (20)
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
3 踏み鳴らされる地/Stomping Ground
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
2 乾燥台地/Arid Mesa
3 山/Mountain
クリーチャー (18)
2 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 野生のナカティル/Wild Nacatl
呪文 (22)
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
4 アタルカの命令/Atarka's Command
4 ボロスの魔除け/Boros Charm
4 稲妻/Lightning Bolt
サイドボード (15)
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
3 コーの火歩き/Kor Firewalker
4 流刑への道/Path to Exile
4 破壊的な享楽/Destructive Revelry
2 古えの遺恨/Ancient Grudge


[編集] 白黒赤

Mardu Burn(Modern) [5]
土地 (20)
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
3 聖なる鋳造所/Sacred Foundry
2 山/Mountain
1 断崖の避難所/Clifftop Retreat
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
2 血の墓所/Blood Crypt
4 乾燥台地/Arid Mesa
クリーチャー (12)
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
呪文 (28)
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 夜の衝突/Bump in the Night
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
4 稲妻のらせん/Lightning Helix
4 稲妻/Lightning Bolt
4 ボロスの魔除け/Boros Charm
サイドボード (15)
4 粉々/Smash to Smithereens
2 流刑への道/Path to Exile
4 コーの火歩き/Kor Firewalker
2 跳ね返す掌/Deflecting Palm
3 はじける破滅/Crackling Doom


[編集] レガシー

過去の優良火力が自由に使えるレガシーではそれなりの勢力を誇る。主力火力に禁止制限がかけられていないのも重要。


Lava Spike / 溶岩の撃ち込み (赤)
ソーサリー — 秘儀(Arcane)

プレイヤー1人を対象とする。溶岩の撃ち込みはそのプレイヤーに3点のダメージを与える。



Fireblast / 火炎破 (4)(赤)(赤)
インスタント

あなたは、火炎破のマナ・コストを支払うのではなく、山(Mountain)を2つ生け贄に捧げることを選んでもよい。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。火炎破はそれに4点のダメージを与える。


稲妻/Lightning Bolt稲妻の連鎖/Chain Lightning溶岩の撃ち込み/Lava Spike裂け目の稲妻/Rift Boltによる1マナ3点火力16枚がよく用いられるが、虚空の杯/Chalice of the Voidの存在によりフル投入しないデッキも存在する。他には火炎の裂け目/Flame Rift火炎破/Fireblastなどがメインで、マグマの噴流/Magma Jetも安定性を増すために好んで採用される。いかにバーンと言えど、ただ早く勝つ事だけを考えていてはエターナルでは生き残れないということである。

デュアルランドの蔓延するレガシーを強烈にメタる発展の代価/Price of Progressをためらいなく採用できる点も大きい。これの存在が、レガシーの単色デッキとして一定の地位を獲得せしめているといえる。

デュアルランド同様に、フェッチランドの蔓延する環境をメタるミシュラのアンク/Ankh of Mishraが採用される場合があり、アンク・バーンとも呼ばれる。このようなアーティファクトを多めに投入し、爆片破/Shrapnel Blastを使えるようにする場合もある。

息切れ対策としては、怒鳴りつけ/Browbeatや、渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer呪われた巻物/Cursed Scrollなど恒久火力を投入している事が多い。

また、軽くて強力な呪文が横行するエターナル環境に対する紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillarコントロールデッキに対しての硫黄の渦/Sulfuric Vortexなど、エンチャントからのダメージソースが採用されることも多い。

レガシーにしては比較的安い資産で構築可能であることも有名である。そのため、レガシーの「貧乏デッキ」といえばバーンがイメージされることも多い。「貧乏デッキ」とはいえ、一瞬で焼き殺すことのできる爆発力を持つため油断は禁物である。

[編集] サンプルレシピ1

Burn [6]
土地 (19)
19 山/Mountain
クリーチャー (12)
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 地獄火花の精霊/Hellspark Elemental
4 ケルドの匪賊/Keldon Marauders
呪文 (29)
4 稲妻の連鎖/Chain Lightning
4 火炎破/Fireblast
3 火炎崩れ/Flamebreak
4 稲妻/Lightning Bolt
4 マグマの噴流/Magma Jet
4 発展の代価/Price of Progress
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
2 硫黄の渦/Sulfuric Vortex
サイドボード (15)
4 無のロッド/Null Rod
3 真髄の針/Pithing Needle
2 紅蓮破/Pyroblast
2 赤霊破/Red Elemental Blast
4 大祖始の遺産/Relic of Progenitus


[編集] サンプルレシピ2

Burn(Legacy) [7]
土地 (19)
4 血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire
3 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
1 乾燥台地/Arid Mesa
11 山/Mountain
クリーチャー (14)
4 大歓楽の幻霊/Eidolon of the Great Revel
4 ゴブリンの先達/Goblin Guide
4 僧院の速槍/Monastery Swiftspear
2 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
呪文 (27)
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 稲妻の連鎖/Chain Lightning
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 稲妻/Lightning Bolt
4 火炎破/Fireblast
1 焼尽の猛火/Searing Blaze
4 発展の代価/Price of Progress
2 硫黄の渦/Sulfuric Vortex
サイドボード (15)
2 焼尽の猛火/Searing Blaze
2 紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar
2 罠の橋/Ensnaring Bridge
4 極上の炎技/Exquisite Firecraft
2 粉々/Smash to Smithereens
1 紅蓮破/Pyroblast
1 電謀/Electrickery
1 赤霊破/Red Elemental Blast


[編集] Pauper

Pauperでも有力なアーキタイプとして成立している。


Lightning Bolt / 稲妻 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻はそれに3点のダメージを与える。



Keldon Marauders / ケルドの匪賊 (1)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)

消失2(このクリーチャーは時間(time)カウンターが2個置かれた状態で戦場に出る。あなたのアップキープの開始時に、その上から時間カウンターを1個取り除く。最後の1個が取り除かれたとき、それを生け贄に捧げる。)
ケルドの匪賊が戦場に出るか戦場を離れるかしたとき、プレイヤー1人を対象とする。ケルドの匪賊はそのプレイヤーに1点のダメージを与える。

3/3

稲妻/Lightning Boltに代表される優良火力はほとんどがコモンであるため、レガシー版とほぼ変わらない質のバーンデッキを組むことが可能である。一方でバーン向けのクリーチャーは充実しているとは言い難いため、クリーチャーは1~2種類程度か全く入れない構成を取る事が多い。Pauperではクリーチャーをほとんど入れないデッキは少ないため、黒単コントロールなどの除去コンとは非常に相性が良くなる。

また、紅蓮破/Pyroblast電謀/Electrickeryといった強力な対策カードや赤の防御円/Circle of Protection: Redなどを突破する鋭い痛み/Flaring Pain、相手の動きを遅らせつつダメージを与えられる溶鉄の雨/Molten Rain粉々/Smash to Smithereensなどサイドボード向けにも優秀なカードが多い。

ただし、レガシーにおける紅蓮光電の柱/Pyrostatic Pillar硫黄の渦/Sulfuric Vortexなどの相手に対するメタカードや全体火力のほとんどがアンコモン以上であり、相手のデッキに対しての対策をほとんど講じることができないという点では脆さもあるといえる。

相手によって得意不得意が出やすいデッキではあるが、メタゲームの状況次第ではトップメタに食い込めるほどの地力があるデッキでもある。

[編集] 初期型

Burn(Pauper) [8]
土地 (20)
20 山/Mountain
クリーチャー (8)
4 ケルドの匪賊/Keldon Marauders
4 モグの狂信者/Mogg Fanatic
呪文 (32)
4 稲妻の連鎖/Chain Lightning
4 火炎破/Fireblast
4 炎の稲妻/Firebolt
4 火葬/Incinerate
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 稲妻/Lightning Bolt
4 針落とし/Needle Drop
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
サイドボード (15)
4 投火師/Fireslinger
4 紅蓮破/Pyroblast
4 粉々/Smash to Smithereens
3 ヴィティアのとげ刺し/Vithian Stinger


  • 合計8枚のクリーチャーが入ったバージョン。

[編集] ラヴニカへの回帰後

Burn(Pauper) [9]
土地 (20)
20 山/Mountain
クリーチャー (8)
4 ケルドの匪賊/Keldon Marauders
4 火花の精霊/Spark Elemental
呪文 (32)
4 稲妻の連鎖/Chain Lightning
4 火炎の裂け目/Flame Rift
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 火炎破/Fireblast
4 火葬/Incinerate
4 稲妻/Lightning Bolt
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
サイドボード (15)
4 貫かれた心臓の呪い/Curse of the Pierced Heart
3 電謀/Electrickery
2 鋭い痛み/Flaring Pain
2 紅蓮破/Pyroblast
4 粉々/Smash to Smithereens


[編集] フルバーン

Burn(Pauper) [10]
土地 (18)
2 忘れられた洞窟/Forgotten Cave
16 山/Mountain
クリーチャー (0)
呪文 (42)
4 稲妻の連鎖/Chain Lightning
3 炎の稲妻/Firebolt
1 火炎の裂け目/Flame Rift
4 溶岩の撃ち込み/Lava Spike
4 裂け目の稲妻/Rift Bolt
4 火炎破/Fireblast
4 火葬/Incinerate
4 稲妻/Lightning Bolt
4 針落とし/Needle Drop
4 焼尽の猛火/Searing Blaze
2 欠片の飛来/Shard Volley
4 貫かれた心臓の呪い/Curse of the Pierced Heart
サイドボード (15)
2 電謀/Electrickery
2 鋭い痛み/Flaring Pain
2 灰の殉教者/Martyr of Ashes
2 溶鉄の雨/Molten Rain
4 紅蓮破/Pyroblast
3 粉々/Smash to Smithereens


  • クリーチャー0枚のフルバーンバージョン。

[編集] 参考

QR Code.gif