制限カード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

制限カード/Restricted Cardは、構築イベントにおいて、デッキサイドボードを合わせて1枚までしか入れてはいけないカードのこと。

[編集] 解説

制限カードは禁止カードと同じく、あまりに強力なものや使い勝手の良すぎるものが指定される。現在はヴィンテージ(と、Magic Online のPlaneswalker Deck Packs)にしかないが、昔はスタンダードにもあった。

しかし逆に解釈すると、どんなにぶっ壊れていても1枚は使えるのである。しかし、最近は単品でぶっ壊れているカードというのはそんなに多くない。それよりは凶悪なコンボキーカードや、あまりに強力なマナ・アーティファクト、多くのマナを出す土地を制限することが多い。これはエクステンデッド禁止カードと同じである。

エクステンデッドと違うのは強力なサーチカードが制限されている点である。これらを制限しないと実質的に、同じカードが5枚投入できるも同然なので、制限カードの意味がなくなってしまうのである。また、近年では強力なドローカードも制限されることがある。

[編集] 初期の制限カードリスト

1994年1月25日に制定された、マジックの最初の制限カードリストは以下の通り。今から見るとなぜ制限されたのか、疑問に感じるものも見受けられる。理由の詳細はそれぞれのカードの個別評価を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif