火柱/Pillar of Flame

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Pillar of Flame / 火柱 (赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。火柱はそれに2点のダメージを与える。このターン、これによりダメージを与えられたクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。


マグマのしぶき/Magma Sprayによく似た単体火力ソーサリーになった代わりに任意の対象に撃てるようになり、追放の条件が山伏の炎/Yamabushi's Flame赤の太陽の頂点/Red Sun's Zenithと同じものになった。

ソーサリーではあるが、ダメージ効率はショック/Shockと同等。墓地に関するカードの多いイニストラード・ブロックを含む環境では追加効果も優秀で、主に不死を初めとする死亡誘発能力、墓地から復活する能力によく刺さる。

リミテッドでは単純に除去として強力。アヴァシンの帰還のみのカードプールでは追放したい小型クリーチャーはそう多くはないが、アンデッドの処刑人/Undead Executioner死体の運び屋/Driver of the Deadに対しては効果的である。

スタンダードでも絡み根の霊/Strangleroot Geistゲラルフの伝書使/Geralf's Messengerという2大不死クリーチャーに加え、墓所這い/Gravecrawler宿命の旅人/Doomed Travelerチャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix真面目な身代わり/Solemn Simulacrum復活の声/Voice of Resurgenceと有効な相手は多い。ムーアランドの憑依地/Moorland Hauntなどの餌を溜めさせないことも重要。ラヴニカへの回帰参入後は、ゾンビデッキメタゲームの中心にいることや他に選択肢が少ないこともあり、ローテーション落ちした感電破/Galvanic Blastはらわた撃ち/Gut Shotに代わり標準軽量火力として活躍している。ただし、ソーサリーであることは決して小さくない欠点で、特に相手のクリーチャーに怨恨/Rancorエンチャントされるのを止められないことを嫌い灼熱の槍/Searing Spearを選択するプレイヤーもいる。

モダン以下のフォーマットではバーンの天敵である台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks対策として期待できる。

  • どうしても追放したいタフネス3以上のクリーチャーがいる場合は、これを撃った上で他の火力や除去を撃つことも考えられる。ただしソーサリーであるため、戦闘ダメージとの合わせ技はやや狙いにくい。また、追加の火力や除去に対処されるとカード・アドバンテージの損失が大きいため注意。

[編集] ルール

  • 火柱から致死ダメージ与えられて死亡する場合だけでなく、火柱からダメージを与えられたターン中に他の要因によって死亡する場合にも、そのクリーチャーは追放される。
  • マグマのしぶきが対象に取ったクリーチャーを追放するのに対し、これはダメージを与えたクリーチャーを追放する。
    • 軽減移し変え効果などでダメージを与えられなかったのであれば、火柱の対象となったクリーチャーは死亡する場合追放されない。
    • 火柱のダメージを移し変えられたクリーチャーは、火柱の対象に取られていなくとも、死亡する場合は追放される。
      • 火柱のダメージが複数のクリーチャーに(1点ずつ)移し変えられた場合、移し変え先のすべてのクリーチャーに影響する。
  • 再生を禁止する効果はないので、致死ダメージを与えられても再生することはできる。この系統のカードには再生を禁止する効果があることも多いので、勘違いしやすいため注意。

[編集] 参考

QR Code.gif