デュアルランド

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

デュアルランド/Dual Landとは、

  1. マジック創世紀の基本セットに収録されていた、2つの基本土地タイプを持つ基本でない土地。本項で解説する。
  2. (特に英語圏において)2種類の色マナを出すことができる2色地形全般のことを指す言葉(例:タップインデュアルランドデュアルミシュラランド)。詳細は2色地形を参照。

Tundra
土地 — 平地(Plains) 島(Island)

((T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。)


目次

[編集] デュアルランド一覧

以下の10種類がそれにあたる。

マジックにおける全ての「2(+無色)のうちから任意の1色のマナを選んで生み出す土地」はこれを起源とし、ほとんどのものがこれの下位互換となる。

ラヴニカ・ブロック以降、2つの基本土地タイプを持つ基本でない土地が何度か登場している(#亜種)が、いずれも上記のものにデメリットが付けられたものとなっており、まったく同じものではない。総合ルールではこれらも「デュアル・ランド」と表現されていたが、単にデュアルランドと言う場合はリバイズドまでのそれを指すことが多い。

[編集] メリット

基本土地ではないが基本土地タイプは持っているという性質から、一部の土地サーチカードが利用できる。すなわち、それぞれ平地探す効果探してくることができる。例えば、平地を探す税収/Tithe、森を探す土地譲渡/Land Grant、各種フェッチランドなど。

基本でない土地は普通、数少ない「土地全般を探してくるカード」でないと探してこられないので、この点だけでも大幅なメリットである。色マナを出すにあたってのデメリットもまったく無いことから、いかに強い土地であるかが分かると言うものだ。

[編集] デメリット

基本土地タイプを持っているがゆえに、「特定の基本土地タイプを狙い撃ちする効果」の巻き添えを受ける。

また、基本土地でないがゆえに、後述のとおり「基本でない土地への対策」の標的にもなる。基本土地に比べるとこれらのデメリットがあるため、マナが2色出るからといって基本土地の代わりに使わない色のデュアルランドを入れたり、むやみに多色化したりということはあまりされない。その辺りは、デッキ単色にするメリットとして機能しており、バランスが取れていると言えなくもない。

[編集] メタ

エターナルでは、デュアルランドへのメタカードメインデッキから採用しているデッキも多い。それだけデュアルランドが環境を席巻しているということだろう。(→土地破壊カード

デュアルランドへの直接の対策ではないが、基本土地がデッキに少ないことを利用することもある。例えば、クリーチャー除去剣を鍬に/Swords to Plowsharesではなく流刑への道/Path to Exileを採用し基本土地をサーチされるデメリットを実質無視する、というケースがある。

[編集] 収録セットと使用環境

デュアルランドは、(基本土地でないという以外の)デメリットなしに2色のマナを出せることから、第4版以降再録はない。

エクステンデッドでは一時期(1999年10月1日から2002年10月31日まで)、使用可能セットの中にデュアルランドが含まれていないにもかかわらず、特別にデュアルランドが使用可能とされていたことがあった。そのため価値も上昇し、値段も高騰することになる。

現在、認定大会ではエターナル環境でしか使えないにも関わらず、いまだに人気の高いカードでもある。特に島を含む土地は他のものより価値が高い。

[編集] 亜種

上記の通りすべての2色土地はこれの亜種であると言えるが、2種類の基本土地タイプを持つ以下のサイクルは特に類似度が高い。詳細は各ページを参照。

[編集] その他

  • 「基本土地タイプを持つこと」と「基本土地であること」は関係がないことに注意。デュアルランドは「基本」という特殊タイプを持たないので、基本土地ではない。→ 基本でない土地
  • 当時はサブタイプに関するルールが未整備だったため、「これは平地としても島としても扱う」などといったルール的な扱い方が文章欄に印刷されている(リミテッド・エディション~アンリミテッドのカード画像/リバイズドのカード画像)。
    • サブタイプに関するルールが整備された現在は、タイプ行に「土地 — 平地・島」と記すだけで機能する。
    • オラクルではわかりやすさのために、生み出せるマナをマナ能力の形で注釈文として記載している。
  • アイスエイジにデュアルランドの再録が検討されていたというのは有名。結局却下され、ペインランドになった。これ以降、幾多のバランス調整版が製作されている。
  • 『マルチランド/Multiland』と表現する人もいる。過去Stephen D'Angelo氏がまとめていたCard Rulings Summaryでは、Multilandと表現されており、Dual Landという用法は用いられていない。
  • 上でも少し触れたように、カードの俗称としては珍しいことに、2009年7月の改定前までCR用語集に俗語として記載されていた。なお、そちらの英語表記も「Multiland」ではなく「Dual Land」である。
  • 当時の印刷技術の限界か、後年の複数色のマナを出せる土地の文章欄の様にグラデーションの掛かった色ではなく、囚人の服の様な「しましま模様」で2色のマナが出ることを表現していた。よって俗に「しましまランド」などと言ったりもする。
  • 値段の高さも言うまでもないが、反面同じデュアルランドでも価値が大きく異なっている。青がらみのデュアルランドは、使用頻度の高さからか、他のものに比べシングルカード価格が跳ね上がる傾向にあり、青マナが出せないデュアルランドとは3~4倍以上の価格差が出ている。同じシリーズで価値がここまでバラバラになっているのは珍しい。
  • これだけの性能と知名度にもかかわらず、The Top 50 Nonbasic Landsではなんと2位。相手が悪過ぎたのだ。

[編集] 参考

QR Code.gif