提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Bloodアーティファクト・タイプの1つ。トークンにのみ用いられているサブタイプである。


Voldaren Epicure / ヴォルダーレンの美食家 (赤)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire)

ヴォルダーレンの美食家が戦場に出たとき、これは各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。血(Blood)トークン1つを生成する。(それは「(1),(T),カード1枚を捨てる,このアーティファクトを生け贄に捧げる:カード1枚を引く。」を持つアーティファクトである。)

1/1


Wedding Security / 婚礼の警備兵 (3)(黒)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 兵士(Soldier)

婚礼の警備兵が攻撃するたび、あなたは血(Blood)トークン1つを生け贄に捧げてもよい。そうしたなら、婚礼の警備兵の上に+1/+1カウンター1個を置き、カード1枚を引く。

4/4

[編集] ルール

このサブタイプ自体に特別なルールは存在しない。

効果が「血(Blood)・トークン生成する」場合、「(1),(),カード1枚を捨てる,このアーティファクト生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の血・アーティファクト・トークンを生成する。

[編集] 解説

イニストラード:真紅の契りおよびイニストラード:真紅の契り統率者デッキで初登場。吸血鬼/Vampireの血儀式への捧げ物として必要な「血」を表すサブタイプ。アルケミー:イニストラードでも扱うカードが登場した。

[編集] 開発秘話

単体で有用であるが、後述するように手掛かりほど有用すぎず、「血」らしい効果を探し求めて開発は難航した。結局「血らしく感じられる」ことよりも「血でないとは感じられない」ことを重視して現在のメカニズムに落ち着いた。

  • 手掛かり・トークンから得た教訓として、「1枚引く」効果が有用すぎるため別のコストとして消費し難いという欠点があった。血を消費する吸血鬼をデザインするにあたって血・トークンの効果は手掛かりより控え目にし、別のコストに充てても惜しくないレベルとすることが求められた。印刷されたルーター効果に至るまでに、+1/+1カウンター占術1なども検討されている。
  • 発表された際、真髄の針/Pithing Needle血流/Bloodを指定することで起動型能力を封じられると話題になったが、真紅の契り発売に伴うトークンの名前に関する総合ルールの変更によって血トークンの名前は「血・トークン/Blood Token」となるため不可能となった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20220708.0

引用:総合ルール 20220708.0

QR Code.gif