ボロスの魔除け/Boros Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Boros Charm / ボロスの魔除け (赤)(白)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。ボロスの魔除けはそれに4点のダメージを与える。
・ターン終了時まで、あなたがコントロールするパーマネントは破壊不能を得る。
・クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは二段攻撃を得る。


ラヴニカへの回帰ブロック魔除けボロス版。モード本体火力破壊不能の付与、二段攻撃の付与。

のモードは対プレイヤー火力。2マナ4点とコスト・パフォーマンスはかなり高く、このカードの肝となるモード。カード・アドバンテージを失うためどんなデッキにも適した効果というわけではないが、完全に腐ることはなく、積極的にライフ削るバーンスライ系のデッキでは非常に強力である。また、プレインズウォーカー除去にも使える。

のモードは自分パーマネントすべてを1ターン破壊されなくする。守れる範囲は広く、除去の回避としても戦闘の補助としても有用。スタンダードでは特に打ち消されない至高の評決/Supreme Verdictに対する有効な解答となる。

赤白のモードは二度裂き/Double Cleave。擬似本体火力として見た場合は1番目のモードと用途が被っているが、相方のクリーチャーのパワーや攻撃時の誘発型能力次第ではこちらの方が大きな効果が見込める場合があるし、コンバット・トリックとしても役に立つ。

いずれのモードもコスト・パフォーマンスが良いが、特に1番目のモードと2番目のモードの効果のかみ合い方が優秀。攻撃的なデッキとなることが多い赤白では2番目のようなテンポ損となりやすい効果は使いにくいのが通常だが、このカードの場合2番目のモードを使う必要がなくなったら1番目のモードに切り替えて使用し、テンポ損を防止することができる。

スタンダードならば色さえ合えば1番目のモードだけでも採用に値するし、赤白の高速ビートダウンではどのモードも有効に使える。ただし登場直後の環境には同じ2マナ枠に汎用火力の灼熱の槍/Searing Spearライフゲインの多いデッキに効果的な頭蓋割り/Skullcrackなど、それぞれの特色をもった火力が存在するので、環境やデッキの性質に合わせて最も適した火力を採用する必要がある。赤白のビートダウンデッキで採用された他、テーロス・ブロック参入後のスタンダードではフルバーンに近いボロスバーンの主要火力として活躍した。

モダンでもスタンダード同様ボロスバーンで採用されている。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロック魔除けサイクル。いずれも2マナインスタントであり、各ギルド/Guildに1枚ずつ存在する。3つのモードはそれぞれ、1目にできることと2色目にできること、そして両方の色が共通してできることの組み合わせになっている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif