貧乏デッキ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

貧乏デッキBudget Deck)は、そのフォーマット内で比較的低予算で組まれたデッキの総称である。対義語は札束デッキ、または単に札束。あくまでそのデッキの属するフォーマット内での比較であるため、(トーナメントレベルを求めると)特にヴィンテージなどでは「貧乏」というほど安く作れない場合もある。

[編集] 概要

具体的にはパワー9が投入されていないヴィンテージのデッキなどが該当する。超強力なカードを入れていない分見劣りするものの、環境の中心にあるデッキを強くメタるプレイングに習熟するなどの努力次第では戦果を残すことも可能である。

新規導入者・カード資産の少ないプレイヤーからすれば、あまりに高額なパワーカード群を組み込むことは困難であるため、規模の違いはあってもそうしたデッキは常に存在している。

他のデッキと比べ値段がかからないデッキとして(金属モックス/Chrome Mox採用前の)青緑マッドネスや(魂の洞窟/Cavern of Souls変わり谷/Mutavault採用前の)親和エルフが愛されていた。

エターナル環境では多色デッキを組もうとするとデュアルランドフェッチランドがほぼ必須となり、一定以上の経費が必要となってしまう。

しかし、単色かつ比較的予算が少なくて済み、多色デッキとも渡り合えるデッキは結構存在する。例えば、主にレガシー環境において、ビートダウンではゴブリンバーンドラゴン・ストンピィコントロールでは基本に帰れ/Back to Basicsを使った青単パーミッションなどが挙げられる。

Magic Onlineではコモンのみの構築が公式にサポートされており、トーナメントプレイヤーにも人気が高い。→Pauper

[編集] 参考

QR Code.gif