大釜の使い魔/Cauldron Familiar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cauldron Familiar / 大釜の使い魔 (黒)
クリーチャー — 猫(Cat)

大釜の使い魔が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。
食物(Food)1つを生け贄に捧げる:あなたの墓地から大釜の使い魔を戦場に戻す。

1/1

ETB能力で1点のドレインを行う。さらに食物を消費して墓地から戦場に直接戻れる自己リアニメイト能力を持つ。

単独では頼りない戦力だが、他のカードと組み合わせて墓地と戦場を往復させることでライフ・アドバンテージを稼げる。特に同セットに存在する魔女のかまど/Witch's Ovenとの相性は抜群で、自身を生け贄に捧げ生成された食物を用いて同じターンに墓地から戦場に戻せる。さらに毎ターンブロックあるいは攻撃に参加させることもできる。特に回避能力を持たない相手であればブロック指定後に生け贄に捧げるだけで1体の攻撃を空振りさせられ、対処できなければ相手にとってかなり邪魔な存在になる。さらにかまどとのコンボマナボード・アドバンテージも消費せずに「クリーチャー死亡する」「パーマネントを生け贄に捧げる」「クリーチャーが戦場に出る」というイベントを任意のタイミングで起こせるため、これらを誘発イベントとする誘発型能力と強力なシナジーを持つ。例えば真夜中の死神/Midnight Reaperが戦場にいれば毎ターン1ドロー波乱の悪魔/Mayhem Devilなら任意の対象に1点のダメージを2回与えることが可能になる。

ドレイン能力はダメージではなくライフロスで、さらに対象も取らないので防ぎにくいのも特長。また、容易に絢爛を達成することができる。

スタンダードでは魔女のかまどと共にサクリファイスのメインエンジンとして活躍する。

[編集] 禁止指定

[編集] ルール

  • 戦場に出たときの誘発型能力対戦相手が複数いれば全員にライフを失わせるが、回復は常に1点である。
  • 墓地から戦場に戻る起動型能力は、墓地で機能する能力である(CR:113.6k)。戦場にいる間にこの能力を起動することはできない。
  • 起動型能力は墓地にある間なら複数回起動してもよい。ただし最初に解決された能力が大釜の使い魔を戦場に戻したなら、それは墓地にあった大釜の使い魔とは別の新しいオブジェクトなので、残りの能力が解決する前に再び大釜の使い魔が墓地に置かれても能力がそのカードを戦場に戻すことは無い。

[編集] 参考

  1. August 3, 2020 Banned and Restricted Announcement/2020年8月3日 禁止制限告知(Daily MTG 2020年8月3日)
QR Code.gif