ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ブロック構築/Block Constructedは、かつて存在していた公式フォーマットの1つ。構築形式の1つに分類されている。指定された1つのブロックに含まれるカードのみでデッキを構築し、対戦する形式。

目次

[編集] 解説

主催者で1つのブロック(通常は最新ブロックを用いて行われた場合が多い)を指定し、そのブロックに含まれるカードが使用可能である。フォーマットの特性上、ローテーションが存在しない。

また、一部のブロックには禁止カードが定められている。各ブロック構築のページを参照のこと。

  • ブロック構築で認定大会を行えるのは最新ブロックのみと思われがちだが、過去のブロックのブロック構築も開催可能。ただし人が集まるかはまた別の話だが。
  • 限定構築と呼ぶのは正式でないが、俗称として広く使われている。タカラトミー公式サイトのコラムでも限定構築という言葉が用いられている。「げんちく」と略されることも。
  • かつてのMagic Onlineにおいては新規参入者用として広く普及しており、対戦相手も簡単に見つけることができる。
    • Magic Onlineでは以前基本セット1セットのみの基本ブロック構築がサポートされていた事がある。マナバーン2014/2015ではこれに加え「別ブロックのカードを1種4枚のみ使用可能」という特殊ルールで「デッキビルダー決定戦」なる大会が掲載された。

[編集] 廃止に至る経緯

2009年度からのプロツアーフォーマットの改変(単一⇒混合フォーマットに変更)の影響か、アラーラの断片ブロックより、採用するプレミアイベントが激減。しばらくは第3エキスパンション発売直後のプロツアー1大会のみのフォーマットとして採用されていたが、プロツアー「ニクスへの旅」(アトランタ14)を最後にプレミアイベントで採用されることはなくなる。

2ブロック制移行後、フォーマット自体は継続するものの[1]Magic OnlineのDaily Eventが廃止となった。

そして、ブロック制が廃止されたことから、2018年4月27日更新のマジック・イベント規定より本フォーマットが削除されることが決まり、廃止となった。[2]

[編集] フォーマット一覧

プレミアイベントの開催実績のあるものを列挙する。

[編集] 参考

  1. Metamorphosis/変身
  2. April Magic Tournament Rules Release Notes/4月マジックイベント規定リリースノート
QR Code.gif