インスタント

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

インスタント/Instantカード・タイプの1つ。即座の、すぐに起こる、の意。


Counterspell / 対抗呪文 (青)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それを打ち消す。



Shock / ショック (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。


プレイヤーは、自分が優先権を持つのであれば、いつでもインスタント・呪文唱えることができる。インスタント・呪文が持つ能力は、通常は、その呪文の解決時に実行される。解決の最後にインスタント・カードオーナー墓地に置かれる。

  • 瞬速を持つカードは、インスタントでなくてもインスタントと同じタイミングで唱えられる。
  • 「インスタントを唱えられるときならいつでも」という記述は、単純に「そのプレイヤーが優先権を持っているときに」という意味。その時唱えられるインスタントを持っているかどうかとは、全く関係がない。
  • 全く同じコスト効果で、それぞれインスタントとソーサリーである2枚のカードがあるとき、通常、前者は後者の上位互換とされる。
  • かつてインタラプトマナ・ソースのカード・タイプを持っていたカードはすべてインスタント・カードに変更されている。
  • Mark Rosewaterは、もし時間を巻き戻してマジックを最初からやり直せるとしたら、インスタントはカード・タイプではなく特殊タイプにするだろうと述べている。頻出する「インスタントかソーサリー」という文言を「ソーサリー」の1語に縮められる上、キーワード能力としての瞬速も不要になるため[1]
    • 今後そのようなエラッタを予定している、という意味ではない。実際に時のらせんのデザイン時に特殊タイプにすることを提案したようだが、Mark自身も「少しばかり過激な計画」と述懐しているように、開発部を説得することはできなかった[2]

[編集] 脚注

  1. Starting Over/やり直し(Making Magic 2015年1月26日 Mark Rosewater著)
  2. Evergreen Eggs & Ham/常盤木な日常(Making Magic 2015年6月8日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

引用:総合ルール 20181005.0

QR Code.gif