樹木茂る山麓/Wooded Foothills

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wooded Foothills / 樹木茂る山麓
土地

(T),1点のライフを支払う,樹木茂る山麓を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから山(Mountain)カード1枚か森(Forest)カード1枚を探し、それを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。


フェッチランドの1つ。を出すことができる。

渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer蛮族のリング/Barbarian Ringとの相性がよく、当時のマッドステロに採用された。

エクステンデッド以下の環境でも、ビートダウン系のデッキを中心に使われている。 アグロロームでは必須カードジャンドにおいても色の面からよく採用され、同じ理由で系のデッキであるCanadian Thresholdにおいても採用された事がある。

パイオニアではフォーマット制定当初より、他の4枚の友好色フェッチランドとともに禁止カードに指定されている[1]

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

オンスロート友好色フェッチランドサイクル。1点のライフ支払うとともに生け贄に捧げることで、ライブラリーから特定の基本土地タイプを持った土地カードサーチして戦場に出せる土地。いずれもタルキール覇王譚再録された。

ゼンディカー対抗色フェッチランドサイクル。1点のライフ支払うとともに生け贄に捧げることで、ライブラリーから特定の基本土地タイプを持った土地カードサーチして戦場に出せる土地。

[編集] 脚注

  1. Announcing the Pioneer Format/「パイオニア」フォーマット発表(News 2019年10月21日 Blake Rasmussen著)

[編集] 参考

QR Code.gif