薄暮軍団の盲信者/Dusk Legion Zealot

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dusk Legion Zealot / 薄暮軍団の盲信者 (1)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 兵士(Soldier)

薄暮軍団の盲信者が戦場に出たとき、あなたはカードを1枚引き、あなたは1点のライフを失う。

1/1

ファイレクシアの憤怒鬼/Phyrexian Rager下位種クリーチャー。或いはになってライフを要求するようになったエルフの幻想家/Elvish Visionaryともいえる。

手札を減らさずに展開できる軽量クリーチャーの利便性はファイレクシアの憤怒鬼やエルフの幻想家が証明済み。また、イクサラン・ブロックにおける主要部族の一つである吸血鬼クリーチャー・タイプを持つことも追い風である。ライフ回復手段を多く有する吸血鬼にとって1点のライフはさほど痛手でもなく、横並び戦術をする上で手札を減らさない利便性の方が評価できるだろう。

登場時点のスタンダードでは白黒吸血鬼の2マナ域を務める。才気ある霊基体/Gifted Aetherbornアダントの先兵/Adanto Vanguardなどの競合相手と比べると打撃力こそ劣るものの、ハンド・アドバンテージを失わずに頭数を増やせるのは大きな強み。部族シナジーを無視しても有用であるため、王神の贈り物などでも採用される場合がある。

リミテッドにおいても手堅い2マナ域であり、最低でも相手の頭でっかちと相討ちが取れれば上々。もちろん吸血鬼の部族シナジーを受けられるなら更に評価は上がる。

[編集] 参考

QR Code.gif