等時の王笏/Isochron Scepter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Isochron Scepter / 等時の王笏 (2)
アーティファクト

刻印 ― 等時の王笏が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にある点数で見たマナ・コストが2以下のインスタント・カードを1枚、追放してもよい。
(2),(T):あなたは、その追放されたカードをコピーしてもよい。そうした場合、あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


刻印したカードを何回でもコピーし、唱えられるアーティファクト

手札から刻印する性質上、出てすぐ割られるとアドバンテージを失うものの、割られなければ圧倒的有利な状況を作れる。

金属モックス/Chrome Moxなどから極めて早い段階でブーメラン/Boomerangを刻印すれば、毎ターン土地バウンスして何もさせずに勝利できる。対抗呪文/Counterspellを刻印すれば、毎ターン対戦相手呪文打ち消せるオアリムの詠唱/Orim's Chantを刻印すれば、対戦相手の動きを大きく阻害することが可能。直観/Intuitionで持ってきた蓄積した知識/Accumulated Knowledgeを刻印すれば、毎ターン3枚以上のハンド・アドバンテージが稼げる。差し戻し/Remandなどキャントリップのついているカードならば、起動すればするほど手札が増えていく。

決して対策不能なカードではないにしても、単純なカードパワーはかなり高い。エターナルエクステンデッド環境でも(程度の差こそあれ)使われ続けている。環境に2マナの優秀なインスタントがある限り、これからも活躍し続けるだろう。

スタンダード期の活躍についてだが、これを利用して組まれるようになったのは2005年3月20日における大量禁止の後。それ以前は、親和の大流行によりアーティファクトが目の敵にされていた上、環境のスピードにもついていけなかった。刻印されていたのはもっぱら早霜/Early Frost聖なる日/Holy Day

[編集] よく刻印されるカード

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ルーリング

  • コスト支払い時の注意点
    • 呪文のコピーを唱えるにあたって、マナ・コストを支払わない(厳密には支払うことはできない)。「マナ・コストを支払わずに唱える」か、何もしないかを選ぶ。
    • 呪文のマナ・コストにXが含まれる場合、Xは0である。マナ・コストの支払いの手順が無いのでXの値を指定できず、そして指定されてないXの値は0として扱われる。
    • 呪文に追加コストがある場合、それは支払う。追加コストはマナ・コストではないので、「マナ・コストを支払わずに唱え」ても免除はされない。キッカーなど、追加コストの支払いを選択できる場合、それを支払うことができる。
    • これ自身が代替コストなので、超過など他の代替コストは使用できない。
  • 分割カードは、カード全体としての点数で見たマナ・コストが2以下であるなら刻印できる。
    • たとえば増進+衰退/Wax+Waneを刻印し、能力を起動した後好きな方を選んで唱えることができる。
    • 仮に融合を持つ分割カードを刻印した場合、手札から唱えるわけではないので両方の効果を使うことは出来ない(現在のルールでは融合を持つ分割カードのうち刻印できるものは存在しない)。
  • これによって作られたコピーは「唱える」ため、呪文を唱えることに関係する効果が適用される。
    • 刻印されたカードが秘儀なら、コピーに連繋(秘儀)を持つカードを連繋できる。
    • 刻印されたカードのカード名翻弄する魔道士/Meddling Mageの能力で選ばれている場合、コピーを唱えることは禁止される。
    • 呪文を唱えることが禁止されている場合、能力を起動してコピーを作ることはできるが、そのコピーを唱えることはできない。
  • ストリオン共鳴体/Strionic Resonatorを利用して複数のインスタント・カードを追放している場合、それぞれのカードについてコピーが作られ、唱えるかどうかを選択できる。すべて唱えることもできる。(CR:607.3)
  • コピー能力スタックに乗ってからこれが戦場を離れても、刻印によって追放されたカードは参照可能である(→最後の情報)。
  • 望むなら、能力の解決時に、コピーを作らなくてもよいし、作ったコピーを唱えないことにしてもよい。この場合、コピーは次の状況起因処理のチェック時に消滅する。
  • コピーした呪文は、当然ながら通常通り打ち消すことができる。

[編集] 参考

QR Code.gif