戦乱のゼンディカー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar
シンボル ひび割れた面晶体/Hedron
略号 BFZ
コードネーム Blood
発売日 2015年10月2日
セット枚数 全274種類

戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikarは、戦乱のゼンディカー・ブロックの1番目のカードセット。2015年10月2日発売。キャッチコピーは「空前の脅威に挑め/Face Unnatural Disaster」。

目次

[編集] 概要

ゼンディカー・ブロックの続編。面晶体/Hedronの檻から解放されたエルドラージ/Eldraziに、ゼンディカー/Zendikarの民とプレインズウォーカー/Planeswalker同盟が立ち向かう。

テーマはストーリー通り「ゼンディカーとエルドラージの戦争」。メカニズム的には別ブロックとしてデザインされたゼンディカー・ブロック(「ゼンディカー+ワールドウェイク」と「エルドラージ覚醒」)からメカニズムを引き継ぎ、それぞれの勢力に割り当てている。

ゼンディカー側のメカニズムとして、「土地」と「同盟者」が選出されている。

  • 「土地」に関しては上陸の再登場に加え、土地をクリーチャー化させる新キーワード能力覚醒が登場した。新規のミシュラランドを含め実に22種類もの基本でない土地が収録されるほか、後述するZendikar Expeditionsのカードも封入される。
  • 「同盟者」は「ゼンディカーの遺跡を探検する冒険者」から「エルドラージに対抗するゼンディカー人」へと再定義され、多数の同盟者・クリーチャーが収録される。同盟者同士で協力しあうデザインは能力語結集で表現されているが、ゼンディカー・ブロックの同盟者と異なり全ての同盟者が同盟者に関連した能力を持つわけではない。
  • また、エルドラージの象徴たる「無色無色マナ)」と対になる形で、多くの種類の色マナを使うことを奨励する収斂メカニズムも割り当てられている。

エルドラージ側は「無色」と「追放」がクローズアップされる。

  • エルドラージ覚醒のエルドラージは有色のカードも存在したが、今回のエルドラージはマナ・コスト色マナを含むものもすべて新キーワード能力欠色により無色となっている。また、無色であることを参照するカードが多数収録されている。
  • 「追放」に関しては、新キーワード能力の嚥下をはじめ、対戦相手のカードを追放する効果のカードが多く存在する。エルドラージが新たに獲得したクリーチャー・タイプである昇華者は、この追放された対戦相手のカードを墓地に置くことで機能する能力を持つ。
  • エルドラージ覚醒では多数存在した0/1のエルドラージ・落とし子トークンは登場せず、その代わりに、パワー/タフネスが1/1になったエルドラージ・末裔・トークンが登場している。

これら以外の小テーマとして、にはライフ得ることを誘発条件とする誘発型能力を持っているカードが多い。

[編集] Zendikar Expeditions

戦乱のゼンディカーのブースターパックには、特殊な土地・カードが封入されている場合がある。これらはフルアート仕様のプレミアム・カードであり、英語版のみ存在する(日本語版のブースターパックなど、他の言語のパックであっても英語版のみの封入となる)。

これらのカードは独自のエキスパンション・シンボルを持ち、戦乱のゼンディカーのセットの一部としては扱われない。よって、構築では同名のカードが許可されているフォーマットでのみ使用できる。リミテッドではカードプールに加えることができる。

収録カードの内容など、詳細はZendikar Expeditionsの項を参照。

[編集] 発売前情報

[編集] イベント

[編集] プレリリース

2015年9月26日、27日に行われた。

参加した各プレイヤーは面晶体/Hedronを模したプレリリース・キットを受け取り、40枚以上のシールドデッキを構築しプレイする。ラヴニカへの回帰から続いてきた5種類のプレリリース・パックから選ぶ形式ではなくなった。プレリリース・キットには

が含まれている。

このプレリリースから現在のマリガンのルール(通称バンクーバー・マリガン)が正式に採用された。

[編集] 構築済みデッキ

[編集] エントリーセット

[編集] イベントデッキ

[編集] パッケージ・イラスト

[編集] 主な開発スタッフ

[編集] 公式特集ページ

[編集] 製品情報

[編集] 開発コラム

Mark Rosewaterによるコラム、Making Magic -マジック開発秘話-。

Sam Stoddardによるコラム、Latest Developments -デベロップ最先端-。

[編集] 動画

マジック:ザ・ギャザリングYoutube公式チャンネル

[編集] 参考

QR Code.gif