ならず者

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ならず者/Rogueは、クリーチャー・タイプの1つで、職業に当たる。


Merfolk Looter / マーフォークの物あさり (1)(青)
クリーチャー — マーフォーク(Merfolk) ならず者(Rogue)

(T):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。

1/1


Oona's Blackguard / ウーナの黒近衛 (1)(黒)
クリーチャー — フェアリー(Faerie) ならず者(Rogue)

飛行
あなたがコントロールする他の各ならず者(Rogue)クリーチャーは、その上に追加の+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
あなたがコントロールする、+1/+1カウンターが置かれたクリーチャー1体が、プレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。

1/1


Edric, Spymaster of Trest / トレストの密偵長、エドリック (1)(緑)(青)
伝説のクリーチャー — エルフ(Elf) ならず者(Rogue)

クリーチャー1体があなたの対戦相手の1人に戦闘ダメージを与えるたび、それのコントローラーはカードを1枚引いてもよい。

2/2

初出はミラディン人間戦士と共に追加され、クリーチャー・タイプ大再編によって大きく数を増やしたタイプの1つ。モーニングタイド青黒の主要職業として選ばれ部族(カード・タイプ)カードも登場した。

にもっとも多く、その友好色であるが続き、では少数派。ただしアンヒンジドに限っては、収録されている4枚のならず者の内2枚は白で、黒には存在しない。

全体的に小型中型が多い。ルーターを始めとするシステムクリーチャーを数多く有するクリーチャー・タイプであり、全体の3割強が起動型能力を持っている。モーニングタイドではキーワード能力徘徊を持つカードはすべてならず者のタイプを持つ。

部族カードは、変則的なロードであるウーナの黒近衛/Oona's Blackguardマナ・コストを減らす蛙投げの旗騎士/Frogtosser Banneret部族アーティファクトである外套と短剣/Cloak and Daggerなどがある。

ならず者を含むトークンを出すカードは、黒の1/1のゴブリン・ならず者や飛行を持つ黒の1/1のフェアリー・ならず者などを出すものがローウィン・シャドウムーア・ブロックに多数存在する。

伝説のならず者はカラデシュ現在17体存在する(「伝説の(Legendary)・ならず者(Rogue)」でWHISPER検索)。

[編集] 参考

QR Code.gif