ターン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ターン/Turnは、ゲームの進行を区切る概念。5つのフェイズから構成される。

[編集] 解説

ターンは必ずいずれかのプレイヤーが進行させるものであり、ターンを進行させるプレイヤーをアクティブ・プレイヤーと呼ぶ。優先権が発生する場合、まず最初にアクティブ・プレイヤーが優先権を得る。

カードやルール中に「プレイヤーのターン」とあった場合、これは「そのプレイヤーが進行させているターン」のことである(これはターンだけではなく、フェイズやステップも同じである)。

  • 自分のターンでも対戦相手のターンでも「1ターン」に変わりはない。自分のターンと対戦相手のターンを合わせて1ターン、というわけではないので注意。
    • ただし便宜上、ターンを数える際に自分と相手のターンをまとめて1ターンと数える場合があり、ルール上厳密な話をするのでなければむしろその方が一般的である。
    • 例えば、「何らかの方法でアンタップしない限り、タップ能力は1ターンに1回しか起動できない。」とか、「ブラストダーム/Blastodermは3ターンしか生き残らない」など。
  • 何らかの効果により、追加のターンが作られることがある。追加のターンは現在のターンの直後に追加される。1ターンの間に、1人のプレイヤーが複数の追加のターンを得たり、複数のプレイヤーが追加のターンを得たりする場合、その追加のターンは1つずつ追加される。複数のプレイヤーが同時に追加のターンを得る場合、それはAPNAP順に追加される。そして、一番最後に作られたターンが最初に処理される。追加のターンの項も参照。
  • 何らかの効果により、ターンを飛ばすことがある。これは適用期限が無期限の置換効果を作成する。すなわち、実際にターンが始まる直前まで、この効果はなにもしない。「効果が解決した瞬間に次のターンが消滅する」わけではない。

[編集] 参考

QR Code.gif