苛立たしい小悪魔/Vexing Devil

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vexing Devil / 苛立たしい小悪魔 (赤)
クリーチャー — デビル(Devil)

苛立たしい小悪魔が戦場に出たとき、いずれの対戦相手も「苛立たしい小悪魔は自分に4点のダメージを与える」ことを選んでもよい。プレイヤー1人がそうした場合、苛立たしい小悪魔を生け贄に捧げる。

4/3

懲罰者カードの一種。1マナで、4/3のクリーチャーか、4点の本体火力か、どちらかを対戦相手が選ぶ。たとえどちらが選ばれたとしても1マナとしては破格のコスト・パフォーマンスと言えるが、相手に選択権のあるカードであるという欠点は小さくない。

クリーチャーとしての活躍に期待する場合、1マナクリーチャーは最終的に4点以上のダメージを稼ぎだすものが多い事を考えれば、1回の4点ダメージで終わってしまうのは決して効率が良いとは言えない。また、押し負けているときのブロッカーとして使う事もできない。

逆に火力として考えると、相手がダメージを受けない事を選択した場合、ダメージを与えるのは次のターンからになってしまう。せっかく腐らせていた除去を有効活用させてしまったり、チャンプブロックで凌がれたりして、上手くダメージを与えられない可能性もある。

総じてデッキを選ぶカードであり、スタンダードでは活躍の場が存在しないままローテーション落ちた。長い事評価の低いカードであったが、モダンで優秀な火力と焼きクリーチャーを併用するバーンが隆盛した事で、再評価が進んでいる。火力として十分、クリーチャーとしてもダメージを稼ぎやすい。

  • 「対戦相手がダメージを受けるかどうか選び、受けることを選んだ場合生け贄に捧げる」が一連の効果であり、その間に割り込むタイミングはない。ダメージを与えつつ、さらに別のカードの生け贄コストに使用したりはできない。
    • 一応、この能力解決前に生け贄に捧げた後、対戦相手がダメージ側を選べばそういう挙動はできる。だが普通、既に戦場からいなくなっているのにダメージ側を選ぶ理由はないだろう。
  • レアリティの差があるとはいえ、長角火獣/Longhorn Firebeastからずいぶんと強化されている。隔世の感がある。
  • かつてはプレインズウォーカーにもダメージを与えられたが、ドミナリアでのルール変更により現在では不可能となっている。プレインズウォーカーの項も参照。

[編集] 参考

QR Code.gif