嘘か真か/Fact or Fiction

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fact or Fiction / 嘘か真か (3)(青)
インスタント

あなたのライブラリーのカードを上から5枚公開する。対戦相手1人は、それらのカードを2つの束に分ける。あなたは、どちらか1つの束のカードをあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。


マジックの歴史上でもかなり強力な部類に入るドロー呪文

他の山分けカードは「自分が2つのに分け、対戦相手が束を選ぶ」のに対し、このカードだけは「対戦相手が2つの束に分け、自分が束を選ぶ」ため、「5枚の内で一番欲しいカードを手に入れる」か「3枚以上のカードを手に入れる」か、どちらかを確実に満たすことができる。

また選択しなかったほうが墓地に置かれるのも重要な利点。リアニメイトしたり回収したり、あるいはフラッシュバックしたりでさらなるアドバンテージに繋げることができる。特に直後のオデッセイ・ブロックが墓地をテーマにしていたことは強力な追い風であった。

またインスタントであり色拘束も薄いという唱えやすさも強みのひとつ。4マナと若干重いため対応撃ちにはあまり向いていない欠点はあるが、効果の高さからすれば些細な欠点であるし、使い魔サイクルなどで簡単に解消できる。

当時のスタンダードでは多くのデッキに使用され、また現在もエターナルでその強さをいかんなく発揮している。

  • 山分けカードの中で唯一、最終的な選択権が自分にあるカードであり、しかも他の山分けカードと比較して使用率が段違いであったため、「相手に選択権のあるカードは弱い」ことの説得力を増す要因として、しばしば挙げられる。
  • これ1枚分のカードをフルに使えば、サイカトグ/Psychatogは+6/+6以上の修整を得ることになるため、「青い樫の力」と呼ばれることも。
  • 普通は大抵のインスタント呪文のように終了ステップで使用するべきだが、タイミングによって対戦相手がどう分けるかが変化することに注意したい。たとえば対戦相手のマストカウンター呪文対応してこちらが唱えると、公開されたカードの中のカウンター呪文の価値が大きく引き上がることになり、1:4に分けられる状況を作りやすくなる。その4枚を入手して、手札に残しているカウンター呪文で打ち消すなどというプレイングも上手くいけば可能。

[編集] ルール

[編集] その他

これを使った相手に5枚引かれてしまうことを俗に「Fact」と言う。Magic Online上の操作ミスによりインビテーショナルで起こったこともある。 (ただし、プレイングの一環として、5対0に分けることもあり得る。例えば、血の誓い/Blood Oath突然の衝撃/Sudden Impactの威力を上げるためなど。→参考1参考2

  • うそまこ」「ファクト」「FF」などの略称で呼ばれている。英語圏ではFoF(フォフ)などと呼ばれる。
  • インベイジョンの他の山分けカードがレアの中、このカードだけは唯一アンコモンZvi Mowshowitzによる以下のコメントも踏まえれば、揃えてレアにするべきだっただろう。
このカードは強力すぎて、とても現実のものとは思えない。もし自分の目で確かめていなかったら、わたしは嘘だと言っていただろう。ほとんどすべてのデッキに入る、と言ってもいいくらい狂っている。
Zvi Mowshowitz、インベイジョン発売前に公開された嘘か真かを評して

2002年1月1日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限カードタイプ1.5禁止カードに指定されるが、2004年9月20日よりタイプ1.5から移行したレガシーでは禁止されず、2011年10月1日、ヴィンテージでも制限解除。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif