パワー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

パワー/Powerは、クリーチャーにのみ存在する、オブジェクトが持つ特性の1つであり、クリーチャーが1回の戦闘ダメージ・ステップ割り振る戦闘ダメージの値。要するに、そのクリーチャーの攻撃力である。

ルール文章においては、A/Bの形で数字が並んだとき、スラッシュ( / )の左側に書かれている数字Aがパワーを表す。クリーチャー・カードには、この形式で右下に「パワー/タフネス」(P/T)が書かれている。2/3とあれば、そのクリーチャーが2のパワーと3のタフネスを持つことを示す。これらの値は、効果によって修整されたり、ある値に変更されたりすることもある。

クリーチャーのパワーが数字でなく記号「*(カードでは★)」で表わされていることがある。この場合、そのクリーチャーの特性定義能力によって値が定められる。何らかの理由でその値が定められない場合、その値は0とする。

[編集] ルール

戦闘ダメージ・ステップにおいて、攻撃クリーチャーブロック・クリーチャーの双方は、自身のパワーに等しい戦闘ダメージを割り振る。

  • パワーが0以下のクリーチャーは、戦闘ダメージを割り振ることができない(戦闘ダメージを与えない)。負の数のパワーは、修整などによって数字が変化するとき以外は0として扱う。
    • 例:3/3クリーチャーが-5/-0の修整を受けた場合、そのクリーチャーは-2/3となり、パワーが0以下であるため戦闘ダメージを与えることができないが、負の値のダメージを割り振ることはない。
    • 例:前述の-2/3のクリーチャーのパワーを1にするのに、+1/+0の修整では不十分であり、+3/+0の修整が必要である。
  • 割り振りが決まった後でパワーの値が修整されたとしても、戦闘ダメージは割り振り通りに与えられる。

[編集] 備考

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0


QR Code.gif