ラクドスの魔除け/Rakdos Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Rakdos Charm / ラクドスの魔除け (黒)(赤)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とし、その墓地にあるすべてのカードを追放する。
・アーティファクト1つを対象とし、それを破壊する。
・各クリーチャーはそれぞれのコントローラーに1点のダメージを与える。


ラヴニカへの回帰ブロック魔除けラクドス版。モード墓地対策アーティファクト破壊、対プレイヤー火力

のモードは貪欲な罠/Ravenous Trap。貪欲な罠と違って条件を満たさずとも軽く唱えられる。またインスタントであるため、トーモッドの墓所/Tormod's Cryptなどに対しては奇襲性で勝る。

のモードは粉砕/Shatter。粉砕の上位互換である溶解/Smeltに比べて重いが、2マナなら実用に耐える。

黒赤のモードは、全てのクリーチャーにそれぞれのコントローラーを1点ずつ殴らせる様な、ちょっと変わった本体火力。2マナというコストを考えると、4点以上のダメージ与えたい。ビートダウン、特にトークンを並べてくる様なタイプに対しては期待できる一方で、ノンクリーチャーないし少数のフィニッシャーに頼るようなデッキにはほとんど何もできない。こちらのライフを狙ってくる相手に有効という事になるため、自分にも被害が及ぶ点には注意が必要となる。無限トークン・大量トークンを勝ち手段とするデッキに対しては、一発逆転の強烈なアンチカードとなる。またフォービドゥンアラームなど相手に無限トークンを押し付けるデッキではエンドカードとなる。

すべてのモードが「特定のデッキには効果的だが、効かない相手には全く効かない」というサイドボード向けの効果であり、魔除けらしからぬ非常に尖ったデザインとなっている。1枚のカードで複数の状況を対策できることは利点であり、サイドボードのスロットを節約しやすい。

登場時のスタンダードにはイニストラード・ブロック瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage掘葬の儀式/Unburial Ritesなど強力な墓地利用カードが多く、墓地対策は必須の環境であった。デッキカラーを問わずより軽いトーモッドの墓所というライバルもあったが、モード選択の便利さから、黒赤系のデッキにはこちらが採用される事も多かった。ローテーション後のテーロス参入後は、アーティファクトや墓地を利用するデッキ自体は多かったが、黒赤というカラーリングのデッキがかなり減った事から、見掛ける機会はほとんど無くなった。

モダンではアーティファクト、墓地利用、大量(無限)トークン等をキーとしたデッキが非常に多く、それらをまとめて対策できるため、ジャンド等のサイドボードによく採用される。

「万民が苦痛に喜びを見出さんことを。」
ラクドス

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカへの回帰ブロック魔除けサイクル。いずれも2マナインスタントであり、各ギルド/Guildに1枚ずつ存在する。3つのモードはそれぞれ、1目にできることと2色目にできること、そして両方の色が共通してできることの組み合わせになっている(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif