エターナル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エターナル/Eternal は、フォーマットの区分の一つ。ヴィンテージ(旧タイプ1)、レガシー(旧タイプ1.5)の2種類のフォーマットがこれに含まれる。

[編集] 解説

トーナメントで使用できる形で公式から一般に発売・発行された全てのカードセットのカードやプロモーション・カードが、禁止カード制限カードに指定されていない限り使用できる。古いカードセットが使えなくなるローテーションの概念は無い。

構築に区分されるフォーマットとは違い、基本セットエキスパンションとして発売されたものでなくても使用できる。例えば、後のカードセットから先行収録されたカード(ヘルカイトの首領/Hellkite Overlord清純のタリスマン/Pristine Talismanなど)、特殊セットにのみ収録されたカード(狼狽の嵐/Flusterstormなど)、プロモーション・カードとしてのみ発行されたカード(ナラスニ・ドラゴン/Nalathni Dragonなど)も、発売日・発行日から使用できる。

  • 2004年9月20日以前はこれをヴィンテージと呼んでいた。
  • かつてのレーティングシステムでは、構築と異なる区分でレーティングが集計されていた。
  • 構築に含まれるモダンも、ローテーションの概念が無い点ではエターナルと同じだが、モダンはエターナルには含まれない。

[編集] 参考

QR Code.gif