ショック/Shock

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Shock / ショック (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。


の「基本的な」火力呪文。創成期において基本火力として生まれた稲妻/Lightning Boltの調整版。他の1マナ、2点ダメージの火力呪文はこれを基準に調整されている。

ただしカード単体の性能としては若干力不足な印象。インスタントであるという強みはあるが、それを重要視しない場合にはダメージ効率の低さが目立ってしまう。稲妻の1マナ3点では高火力すぎるが、ショックの1マナ2点では力不足。火力のバランスは実にデリケートであると言えるだろう。

実際、構築の、特にステロイドなどのビートダウンデッキでは、1マナ域の火力はショックよりも他の亜種が優先される。それら亜種はたいていはソーサリーだが、単なるダメージだけでなく追加の要素が得られるものが多いためである。まれにショックが採用されることがあるものの、その理由はほとんどの場合で他の優良な選択肢がなく「ショックを使わざるを得ないほど火力に恵まれていない」ためである。

対して、バーン系デッキを組む場合は、これを使わなくてもよいほど良質の火力に恵まれている環境は少なく、インスタントである「待ちの火力」も必要なため、よく使われる(→カウンターバーン)。

リミテッドではもちろんかなり使い勝手の良いカードである。除去そのものが貴重であるのもそうだが、何かとトリックに使える軽いインスタントであるということが重要なため。

第6版から第10版まで基本セットにおける火力の基準として収録され続けたが、基本セット2010では稲妻と入れ替わりで基本セット落ちしたことで多くのプレイヤーを驚かせた。ただし、R&Dは「それでも1マナ火力の基準がショックであることには変わりはない」と公言しており(稲妻のページを参照)、2つ後の基本セット2012では稲妻と入れ替わる形で再び収録されている。

基本セット2014を最後にしばらくスタンダード落ちしていたが、霊気紛争再録され2年半ぶりに復帰。この時点での火力のバランスとしてプレイヤー/クリーチャー両方に対応したカードは限られており、相対的に評価は高い。1マナでサヒーリコンボに対処できることもあり多くの赤入りデッキメインデッキサイドボードに散らされて採用されたが、アモンケット期にはサヒーリコンボが消滅したことで1マナ除去としてはマグマのしぶき/Magma Sprayの方が優先されることが多い。

発明の賜物が革命の業物になった。/The tools of invention became the weapons of revolution.
  • 「2点ダメージ」の俗称としてもしばしば使われる。特にショックランドが有名。

[編集] 関連カード

[編集] 主な亜種

ここでは2点ダメージのものを例示する。特記していない限り、1マナインスタントである。太字のものは、特に近い1マナ2点の亜種である。他の例は火力を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif