乱撃斬/Wild Slash

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Wild Slash / 乱撃斬 (赤)
インスタント

獰猛 ― あなたがパワーが4以上のクリーチャーをコントロールしているなら、このターン、ダメージは軽減できない。
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。乱撃斬はそれに2点のダメージを与える。


獰猛時には、そのターン中のダメージ軽減されなくする追加効果がついてくるショック/Shock

軽減を苦手とするにとっては悪くない追加効果だが、これ単体でプロテクションを突破できるわけでもないので、基本的にはおまけ。活躍できるかどうかは、1マナ2点火力環境でどの程度役立つかに依る。

スタンダードでは環境に軽量火力が乏しいこともあり、赤系の様々なデッキで採用されている。リミテッドでは変異予示による2/2クリーチャーを1マナで除去できる優秀なカード

レガシーにおいては、軽減禁止効果に着目され、真の名の宿敵/True-Name Nemesis対策として採用されることがある。こちらからチャンプアタックを仕掛け、真の名の宿敵がブロックしてきたところに合わせて他の適当な対象に獰猛達成状態のこれを唱えることで、間接的に除去するテクニックが用いられる。

  • ショックの上位互換と言える。ただし、自分でも軽減効果を使いたい場合は邪魔になる。
  • 乱撃斬の解決時に獰猛を達成していなければ、軽減禁止は適用されない。また乱撃斬が一度解決してしまえば、そのターン中は獰猛を達成していなくても軽減は禁止される。
  • 公式ハンドブックには『獰猛すると軽減不可がつくため対応してプロテクションが付与されても安心』といった旨が書かれているがこれは誤り。この呪文は対象を取るのでプロテクションにより対象が不正になり解決時に打ち消される
    • ただし軽減無効は乱撃斬によるダメージ以外にも適応されるため、例えばプロテクション(赤)持ち2/2のクリーチャーに、赤の3/3クリーチャーをブロックさせてから「プレイヤーを対象に」獰猛を達成した状態で乱撃斬を打ち込めば、突破する事が可能。
    • タルキール覇王譚矢の嵐/Arrow Stormの項でも全く同様の誤りが記載されている。

[編集] 開発秘話

このカードは元々別の獰猛能力を持っていたが、ターボフォグ系のデッキがスタンダード環境で台頭した場合、その対策となるカードが必要であるとして、現在のテキストに変更された(参考/翻訳)。

[編集] 参考

QR Code.gif