モグの狂信者/Mogg Fanatic

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mogg Fanatic / モグの狂信者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin)

モグの狂信者を生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。モグの狂信者はそれに1点のダメージを与える。

1/1

テンペストの強力ウィニークリーチャー。一時期のルール改定も手伝って最強のゴブリン、最強の1マナクリーチャーとも謳われたカード

テンペスト期の環境では、当時全盛を迎えたスライを支えるキーカードとして活躍した。また、の速攻系デッキだけでなく、グッドスタッフ系のコントロールや、カウンターバーンにも多数投入された実績がある。

それより遥かのちに、第10版を選ぼうに出場し、密林の猿人/Kird Apeとの対決に勝利。これにより第10版再録された。それ以降のスタンダードでは、ラクドス・アグログルール・ビートグレーター・ゴイフなどのビートダウンデッキによく採用された。

その活躍はスタンダードにとどまらずエクステンデッドレガシーでも頻繁に採用されていたが、近年ケルドの匪賊/Keldon Maraudersゴブリンの先達/Goblin Guideなどより尖ったクリーチャーが多数輩出された上、戦闘ダメージのルール変更で弱体化し、勢力を大きく失ったというのが実情である。

わかったぞ! わかったぞ! わか・・・・・・
(出典:モグの狂信者(テンペスト))
やったぞ! やったぞ! やっ・・・・・・
(出典:モグの狂信者(第10版))
  • 通称はモグファナ。英語版のカード名であるモグ・ファナティック(Mogg Fanatic)の略である。

[編集] 開発秘話

このカードは、元々自身の生け贄起動コストとする起動型能力を持つ1マナクリーチャーのサイクルの一部としてデザインされていた。テンペストではそのサイクルから、これとブラッド・ペット/Blood Petのみが収録されることになった。収録されなかった残りの3枚は少し形を変え、ジャッジメント心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard不運な研究者/Hapless Researcherクローサの旅人/Krosan Wayfarerとして収録された。(Card of the Day 2004/07/20(→邦訳)、Ask Wizards 2004/07/23参照)

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif