修整

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

「+X/+Yの修整を受ける」とは、そのクリーチャーパワーにXを加え、タフネスにYを加えるという意味である。マイナスが含まれる場合も同様。

ダークスティールまでは「修正」だったが、日本語の意味の都合でこちらに変更となった。


Crusade / 十字軍 (白)(白)
エンチャント

白のクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。



Giant Growth / 巨大化 (緑)
インスタント

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。


継続的効果種類別の中で、修整を与える効果は第7c種に分類される。

  • 神河謀叛の一部のカードでは、誤植で「修正」になっているものもある。(武士道注釈文などに存在?)
  • 「修整」自体に直接相当する(例えば"bonus"などの)英単語は無いが、代わりに"altering"(変化)という語が使われた(回れ右/About Faceなど、P/T入れ替えの旧テキストで使われたことがあるが、現在はルール変更によりOracleには記述されない)。
  • 修整の一方が±0である場合、符号の表記は他方のものに合わせる。例えば±0/+2ならば+0/+2と表記し、-5/±0ならば-5/-0と表記する。

[編集] 参考

QR Code.gif