巻き添え被害/Collateral Damage

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Collateral Damage / 巻き添え被害 (赤)
インスタント

巻き添え被害を唱えるための追加コストとして、クリーチャーを1体生け贄に捧げる。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。巻き添え被害はそれに3点のダメージを与える。


稲妻/Lightning Boltの調整版の1つ。追加コストとしてクリーチャー生け贄が必要となる。

何も考えずに使うとなると追加コストによるアドバンテージの損失が気になるので、追加コストが気にならないよう一工夫加えて使いたいところ。チャンプブロックしたクリーチャーや除去対象になったクリーチャーを生け贄に捧げるほか、止めの一発に使用するなどすれば追加コストはないようなもの。より積極的にいくならでよく見られる一時的にクリーチャーのコントロールを奪う呪文との併用も、マナ・コスト軽さも相まって相性は抜群。ブロック構築だけでも、反逆の行動/Act of Treason嘲る扇動者/Jeering Instigator変異誘発型能力、同エキスパンション群衆の掟/Mob Ruleがある。スタンダードまで視野を広げれば、単色であっても倍以上のカードが存在する。

基本的には不利な局面での使いづらさは無視できるものではなく、構築においての出番は厳しいかもしないが、リミテッドにおいては貴重な火力なので使う機会も多いだろう。ゴブリンすべり/Goblinslideなどでトークンを量産しておいて、チャンプブロック後に使うなどの工夫が必要か。

[編集] 参考

QR Code.gif