溶岩の投げ矢/Lava Dart

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Lava Dart / 溶岩の投げ矢 (赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。溶岩の投げ矢は、それに1点のダメージを与える。
フラッシュバック ― 山(Mountain)を1つ生け贄に捧げる。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


インスタントの1点火力フラッシュバックコストを1つ生け贄に捧げるだけなのでピッチスペルのように使える。

同一ターン内で使えば割り振り可能な1マナ2点火力としての働きも期待でき、土地が余る中盤以降に便利。土地が減ることに目をつぶれば非常に融通が利くカードである。

を含む速攻型デッキサイドボードに採用した。マッドネスが台頭していた頃のスタンダードは、多くのシステムクリーチャーマナ・クリーチャーがいたため、主にそれらを一気に除去する目的で使用された。特にマーフォークの物あさり/Merfolk Looterラノワールのエルフ/Llanowar Elves日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla辺りは格好の的であった。

また07年現在のエクステンデッドでは赤系ビートダウン基本火力の1つ。エターナルで採用される事も少なくない。サバンナ・ライオン/Savannah Lions闇の腹心/Dark Confidant渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer辺りを効率よく処理できる点が買われている。

[編集] 参考

QR Code.gif