クロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

クロックClock)とは、戦場ダメージソース対戦相手ライフから、あと何ターンゲームを終わらせることができるかという目安。転じて、1ターンに与え得るダメージの予測量として使われることもある。

例えば、Aのライフが20でBが大気の精霊/Air Elementalを1体コントロールしているならば、BはAに対して4点クロック、または5ターンクロックを持っていることになる。

  • クロックを刻むクリーチャー(ダメージソース)」を省略する形で、それ自体をクロックと呼ぶこともある。

[編集] 参考

QR Code.gif