カルドーサの再誕/Kuldotha Rebirth

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Kuldotha Rebirth / カルドーサの再誕 (赤)
ソーサリー

カルドーサの再誕を唱えるための追加コストとして、アーティファクトを1つ生け贄に捧げる。
赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを3体生成する。


アーティファクト1つを生け贄に捧げゴブリンクリーチャートークンを3体呼び出すソーサリー

この手のカードは、中盤以降に不要になったリソースを有効活用したいが、その頃に1/1トークンが複数出てきたところでさほどありがたくない。ソーサリーなので、除去対応してカード・アドバンテージを取ることもできない。総じて単体では使いにくいカードである。

何でもいいから頭数だけ欲しい、という時には有効。ゴブリンロードなどの全体強化と組み合わせると一気にクロックを増強することができ、スタンダードではこれを軸にした高速ウィニーゴブナイトを成立させた。

Pauperでは、アーティファクトの生け贄や使い回しを主眼に置いたボロスキティで主力の一角を担っている。特に胆液の水源/Ichor Wellspringとは相性が良い。ボロスキティはこのカードからカルドーサボロス (Kuldotha Boros)という名前で呼ばれることもある。

リミテッドでは、ウィニーの数がどうにも足りないとか、メムナイト/Memniteなどを利用して早いうちに撃てる見込みがあるなら採用できるか。危険なマイア/Perilous Myrや各呪文爆弾など、アドバンテージの損失を防いだり、任意に生け贄に捧げたいアーティファクトがあるなら好都合。

[編集] 参考

QR Code.gif